ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

マスノスケ(英名/King salmon,Chinook salmon,Spring salmon)

学名:Oncorhynchus tshawytscha (Walbaum)

代表的な呼び名キングサーモン

マスノスケの形態写真

体長1.5メートル〜2メートルになる。頭部が黒く、目がやや低い位置にある。1.4メートル、体重60キロを超えるものがあるという

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★★

    究極の美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区真骨亜区正真骨下区原棘鰭上目サケ目サケ亜目サケ科サケ属
    外国名
    英名/King salmon,Chinook salmon,Spring salmon
    学名
    Oncorhynchus tshawytscha (Walbaum)
    漢字・由来
    漢字 鱒之介
    由来・語源 「すけ」はサケの大きいものをいう言葉。「すけ」だけでマスノスケをさす。
    地方名・市場名
    小売店ではキングサーモン。
    別名、スケ。
    北海道室蘭市蘭魚市場でラシャマス、スケ。
    岩手県大槌町、宮城県気仙沼でオオスケ。
    宮城県石巻でスケ。
    岩手県大船渡市三陸町越喜来定置でダイスケ。
    その他、イウオマス、オオスケ、バトウ。
    生息域
    淡水→海水→淡水[サーモンタイプ]。
    東北太平洋以北(北緯40度以北)、日本海、オホーツク海、ベーリング海を回遊。
    遡上する河川はアジア側はアムール川からアナデイル川、アラスカ、カナダをへてカリフォルニア南部。
    生態
    春に河川に遡上し、夏に産卵。
    海で2年〜5年生活する。
    キングサーモンの下あご下あごの基部は黒い。
    基本情報
    アメリカではキングサーモン。
    標準和名よりもこちらの方が有名。
    味の点でもサケの王様的な存在。
    「Dog sarmon」などとさげすまれるサケよりも遙かに評価が高い。
    国内でも春から夏とれるが数が少なく高級なもの。
    主にアメリカ、カナダなどから輸入されている。
    塩ザケなどに加工してもっとも高価なもの。
    水産基本情報
    市場での評価 国産生は春から夏に多く非常に高い。キロあたり卸値で2000円以上する。養殖ものも比較的値段が安定してやや高値だ。
    漁法 巻き網、刺し網、トローリング
    主な産地(養殖) アメリカ、カナダ、オーストラリア、ノルウェー、チリ
    天然/アメリカ、カナダ、国内では北海道、岩手県
    選び方
    触って硬いもの。鰓が鮮やかに赤いもの。
    フィレは赤が鮮やかで、表面がやや盛り上がっているものがいい。
    味わい
    国内産の旬は春から夏。
    鱗は薄く取りやすい。処理の仕方によっては身割れしやすいので取らないこともある。骨は軟らかい。皮は硬く軽く火を通したくらいでは軟らかくはならない。
    サーモンピンクで脂ののったものは白みがかる。
    生食は自己責任で、一度冷凍して食べることが望ましい。
    キングサーモンの切り身切り身は典型的なサーモンピンク。身割れしやすい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    刺身(ルイベ)、塩焼き、汁(鍋、みそ汁)、ムニエル、フライ
    マスノスケの刺身
    刺身 一度冷凍する方が望ましい。身は脂があって柔らかく、うま味が強い。サケらしい風味があるが、上品な味わい。
    マスノスケの塩焼き
    塩焼き 熱を通しても硬くならず、ふっくらとして軟らかい。味は芳醇で奥深い。非常に美味。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    ■市場には輸入されたものが多く、国産のものは少ない。ノルウェーなどでは養殖も行われている
     回遊するのは東北以北であるが、遡上する川はカムチャッカ半島からアメリカ北部。
     サケの仲間ではもっとも大型になるもので20~30キロ、ときには60キロにまでなる。アメリカやカナダではこの大物釣りが盛んである。また釣りだけでなくアメリカやカナダでもっとも好まれるサケ類であり、値段も高いのだと言う。近年、ノルウェー、カナダなどでは養殖もされていてスーパーなどでも見かけるようになった。
    ■岩手では「おおすけ」と呼ばれて珍重する。塩焼きなど最高にうまい。またスーパーなどではカナダ産天然やノルウェー産の養殖物が目につく。天然ものも養殖ものも脂があってソテーすると表面はかりっとして中はとろり旨味もある。ギンザケよりもクセがなく、サケ属では上の上といえそうだ。
    参考文献・協力
    協力/たかのり海産(岩手県大槌町)
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「マスノスケ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ