ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

信州サーモン

学名:ー

信州サーモンの形態写真

体長60センチ前後になる。サケ型。体側にブラントラウトに近い斑文がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★★

    一般的な水産物(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区真骨亜区正真骨下区原棘鰭上目サケ目サケ亜目サケ科サケ属
    外国名
    学名
    漢字・由来
    地方名・市場名
    生息域
    淡水魚[トラウトタイプ]。
    人為的に作ったもの。長野県。
    生態
    原産はヨーロッパのタイセイヨウサケ属のブラウントラウトの雄とサケ属のニジマスのメスを掛け合わせた三倍体
    基本情報
    ニジマスを母体とした養殖用3倍体の品種は各地で開発が進められている。
    3倍体の特徴は掛け合わせた魚のよい面を合わせ持つこと。
    河川などに逃げ出しても繁殖しないことなど多い。
    本種は長野県水産試験場が作り出したもので、主に長野県内で流通している。
    身色が美しく、刺身にして味がいい。
    長野県の新しい名産品として期待されている。
    水産基本情報
    市場での評価 長野県のみで販売されている。比較的高価。
    漁法 養殖
    産地 長野県
    選び方
    斑文のくっきりしているもの。身に張りのあるもの。
    味わい
    3倍体なので旬はない。
    濃いサーモンピンク。
    クセがなく旨みがあって、ほどよく繊維質。
    皮は硬い。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    刺身、ムニエル、フライ
    刺身は絶品。
    海水魚に負けない味わい。
    ムニエルなどバターとの相性がいい。
    フライも美味。
    信州サーモンの刺身
    刺身
    信州サーモンのムニエル
    ムニエル
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    ■ニジマスの成長の早さと、ブラウントラウトの味の良さをともに引き継いだ新しい魚である。XXXの染色体を持つ物で生殖の可能性はなく出荷時期も長い。
    ■身の色合い、そして脂の持つ甘味ともにすぐれた刺身用の魚である。長野県という山岳部にあってこれだけ優れた食用魚が誕生したというのは、素晴らしいことである。当然、ムニエルやフライなどにも向いているが価格的に刺身かスモークサーモンにするのがふさわしい。
    参考文献・協力
  • 主食材として「信州サーモン」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ