ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

バラムツ(英名/Castor oilfish,Black escolar)

学名:Ruvettus pretiosus Cocco

バラムツの形態写真

体長1.5メートル前後になる。側へんし、鱗などがざらつく。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    食用として認知されていない

    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目サバ亜目クロタチカマス科バラムツ属
    外国名
    英名/Castor oilfish,Black escolar
    学名
    Ruvettus pretiosus Cocco
    漢字・由来
    漢字 薔薇鯥
    由来・語源 神奈川県江ノ島周辺での呼び名。
    地方名・市場名
    別名、タマカマス。
    神奈川県三崎ではアブラボウズ。
    インガンダラメ、イングワンタルミは「胃がゆるみ、下痢をする」という意味。
    他には、アブラウオ。
    生息域
    海水魚。水深400〜850メートル。
    福島県南沖〜土佐湾の太平洋側、兵庫県浜坂〜東シナ海。北海道沖でも。九州〜パラオ海嶺、台湾南部、世界中の温帯〜熱帯域。
    生態
    基本情報
    産地では今でも食習慣が残るが、筋肉に大量にワックスエステル(蝋のような油)があり、食べると、下痢、腹痛を引き起こすことがある。また肛門から油が出る。このため流通は禁止されている。
    ただし漁師さんなど本種の根強いファンは多い。食べる場合は自己責任で。
    水産基本情報
    市場での評価 流通しない。
    漁法 釣り
    選び方
    触って張りのあるもの。腹などが軟らかいものは古い。
    味わい
    旬は不明
    鱗は非常に硬く棘があって触れないほど。皮は厚い。
    脂で白濁した身で軟らかい。熱を通すと少し縮むが硬くならない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    ●食する場合は自己責任で。また量を食べないことをすすめる。
    料理法 (オススメの食べ方順)
    刺身、煮つけ、塩焼き
    バラムツの刺身バラムツの刺身
    血合いは少なく白濁した軟らかい身。魚らしいうまさと脂の甘さがある。実に美味しい。
    ●形態写真と料理した個体は別。
    バラムツの煮つけバラムツの煮つけ
    煮ると脂が出て溜まるほどだが、軟らかくてイヤミのない味。美味しい。
    ●形態写真と料理した個体は別。
    バラムツの塩焼きバラムツの塩焼き
    焼くとふっくらとして表面が香ばしく仕上がる。
    ●形態写真と料理した個体は別。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    形態写真提供/長野淳さん(三重県熊野市)
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『魚貝類の毒』(橋本芳郎 学会出版センター)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『商用魚介名ハンドブック』(日本水産物貿易協会編 成山堂)
  • 主食材として「バラムツ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ