カツオ

一般的に「カツオ」と呼ばれる水産物についてのまとめページです。
標準和名「カツオ」のページはコチラになります。

「カツオ」と呼ばれる水産物一覧

印は「カツオ」ですがそれ以外はカツオの仲間ではありません。

  • イケカツオ

    海水魚。浅場から沖合の表層〜水深100メートル。 能登半島、山口県日本海側、九州西岸、小笠原諸島、茨城県〜九州南岸の大平洋沿岸、鹿児島県笠沙、屋久島、琉球列島。 瀬戸内海には希。 インド-太平洋。温帯、熱帯域の海にいて、主に沖縄県、鹿児島県、宮崎県など暖かい海域で食用となっている。本州などでは成魚はあまりまとまってとれ・・・
    イケカツオのページへ
  • オオクチイケカツオ

    海水魚。沿岸の浅場の表層域。 国内では希。富山湾、宮崎県目井津、鹿児島県南さつま市笠沙、沖縄本島。 台湾、広東省、海南島、トンキン湾、インド-西太平洋(ニューギニア島西岸以東を除く)主に台湾以南に生息していた魚で、本州、九州などで希に漁獲される。温暖化が進むと新しい高級魚の誕生となる可能性大だ。 台湾では、人気が高いよ・・・
    オオクチイケカツオのページへ
  • オナガシマガツオ

    海水魚。太平洋、インド洋、大西洋の熱帯域。 水深200メートルより浅場。駿河湾以南の大平洋側で棲息する魚とされるが、写真のものは新潟県能生町で漁獲されたもの。まだ日本海側での生息域はふめいなのだろうか?
    オナガシマガツオのページへ
  • カツオ

    海水魚。 日本近海。日本海にはやや少ない。 朝鮮半島南岸、済州島。世界中の熱帯・温帯海域。世界中の温暖な海域に生息している。世界中で食用となっているが、古代から節になり、日本の食文化を生み出してきた。 また節(カツオ節)以外では江戸時代以来、昭和高度成長期までは塩ガツオ、なまり節などの四十物(塩干)として出回っていたも・・・
    カツオのページへ
  • シナマナガツオ

    海水魚。大陸棚砂泥地。 東シナ海南部。 福建省・広東省・広西省、インド-西太平洋(ペルシャ湾〜フィリピン諸島・ニューギニア島西端、オーストラリア沿岸は除く)長崎県、山口県などを基地とする以西底曳き網漁で希とれるもの。 中国から輸入されることがある。マナガツオに非常に似ており、上質な白身で大型になり高値がつく。 市場など・・・
    シナマナガツオのページへ
  • シマガツオ

    海水魚。水深620より浅場にいて夜になると表層に浮き上がる。 北海道〜土佐湾の太平洋沖、北海道〜九州北岸の日本海沖、伊豆諸島、小笠原諸島、東シナ海大陸棚斜面上部域、九州〜パラオ海嶺。朝鮮半島西岸・南岸、台湾、ピーター大帝湾、北太平洋、東太平洋。北海道、三陸などで大量に水揚げされることがある。 古くから切り身などに加工さ・・・
    シマガツオのページへ
  • スマ

    海水魚。 千葉県外房、相模湾〜屋久島の太平洋沿岸、[北海道日本海側せたな町]、兵庫県浜坂日本海側〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、琉球列島、小笠原諸島。 朝鮮半島南岸、済州島、インド・太平洋の温帯・熱帯域。主に太平洋沿岸の温暖な海域を大きな群れを作らず回遊している。カツオ、ソウダガツオ類などと比べるととれる漁こそ少ない・・・
    スマのページへ
  • ハガツオ

    海水魚。沿岸の表層を群れて回遊している。 北海道〜九州南岸の日本海・東シナ海・太平洋沿岸、屋久島、琉球列島。 朝鮮半島南・西岸、インド・西太平洋域。日本列島をはじめ、西太平洋・インド洋に広く生息している。サバ科のなかでは比較的漁獲量が少なく、安定的にとれないので知名度はあまり高くはない。産地などでは味のよさから好んで食・・・
    ハガツオのページへ
  • ヒラソウダ

    海水魚。沿岸の表層を回遊。 北海道〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、北海道〜九州南岸の太平洋沿岸、屋久島、琉球列島、小笠原諸島。全世界の熱帯から温帯に棲息する。世界中の熱帯域から温帯域を回遊。世界中で漁獲、利用されている。東南アジアをはじめ熱帯域ではマルソウダと混獲されているようで、漁獲後冷凍して流通、もしくは燻製にな・・・
    ヒラソウダのページへ
  • マナガツオ

    海水魚。大陸棚砂泥地。 新潟県〜九州西岸の日本海・東シナ海沿岸、有明海、相模湾[神奈川県真鶴町]〜土佐湾の太平洋沿岸、瀬戸内海。 希/北海道小樽、青森県深浦・牛滝・鮫角、岩手県、茨城県 黄海・東シナ海の大陸棚域 希/ピーター大帝湾近年、北海道などでも見つかっているが、漁獲量の多いのは関西以西である。 「西にサケなし、東・・・
    マナガツオのページへ
  • マルソウダ

    海水魚。沿岸表層群遊性。 北海道〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸(秋に多い)、北海道〜九州南岸の太平洋沿岸(房総半島以南に多い)、屋久島、琉球列島、小笠原諸島。朝鮮半島南岸・東岸、済州島、東太平洋を除く世界中の温帯・熱帯域。世界中の温帯・熱帯域の沿岸域を回遊している。熱帯域をはじめ世界中で食用となっている。国内では、そ・・・
    マルソウダのページへ
  • マルバラシマガツオ

    海水魚。水深100mよりも浅場。 小笠原諸島、三重県尾鷲、長崎県長崎市、八重山諸島。 インド-太平洋。漁獲量が非常に少なく、一般にはまったく知られていない。 長崎県長崎市でまとまって揚がったものを分けていただいたが、これが先々続くのかなども不明だ。 非常に味のいい魚で漁獲量さえ増えれば人気が高まりそう。
    マルバラシマガツオのページへ
  • ミナミイケカツオ

    海水魚。沿岸浅い海の表層。 沖縄島。インド〜西太平洋。本州、四国、九州でも見られるが小型が多く少ない。ミナミイケガツオとイケガツオの違いはごくわずか。体側にある斑紋がイケガツオでは2列、ミナミイケガツオでは1列なのだが、斑紋が消えてしまっていることが多い。むしろ口の大きさで見るべきか? ミナミイケガツオの方が口が小さく・・・
    ミナミイケカツオのページへ

サイト内検索

その他コンテンツ

ぼうずコンニャク関連サイト