ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ヨリトフグ(英名/Globefish, Blowfish, Puffer)

学名:Sphoeroides pachygaster(Müller and Troschel)

ヨリトフグの形態写真

40センチ前後になる

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系フグ目フグ科ヨリトフグ属
    外国名
    英名/Globefish, Blowfish, Puffer
    学名
    Sphoeroides pachygaster(Müller and Troschel)
    漢字・由来
    漢字 縒糸河豚。
    由来・語源 個人的な考えだが「よりと」は「糸を縒る」フグなのではないか? なぜならば、このフグを釣り上げると急速に海水を飲み込みまん丸く膨らむ。すると釣り糸が縒れてしまうのだ。これには釣り人、漁師なども困る。
    また「よれよれ」とは副詞であるが、釣って提灯のようにふくらんだものが、水を吐き出すと、惨めにしぼむ。これを「よれよれになった」としたのかも。
    地方名・市場名
    別名、カワフグ(皮河豚)。
    静岡県沼津ではミズフグ(水河豚)。
    愛知県一色ではチョーチンフグ(提灯河豚)、チョウチンフグ。
    神奈川県小田原でデデフグ。
    生息域
    南日本。世界中の温帯域。
    生態
    基本情報
    水産基本情報
    本種は時折、相模湾などから入荷する。持った感じがぐにゃっと柔らかくて、見た目が悪いので値段も安く人気がない。
    選び方
    味わい
    毒性/肝臓=無毒、卵巣=無毒、精巣=無毒、皮=無毒、筋肉=無毒、腸=無毒
    フグの調理は一般人は原則的に行なわないこと。調理するときには自己責任で
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    みそ汁、鍋もの、唐揚げ
    釣りをする関係でこのフグはよく食べている。普通は肝、筋肉、皮などを無造作に鍋物にする。これは各地で普通に行われているのだけど、厚生省などの通達には肝に関する毒性が明記されていない。また沖縄などでは肝に毒をもつものもあるという。一般に出回ることも少ないのであるが、できたら肝の毒性をしっかり調べてもらいたい。肝の入った鍋、みそ汁は美味。刺身は水分が多くてフグとしてはうまいものではない。また唐揚げなどにもなる。
    ヨリトフグの鍋
    歩留まりの悪い魚だが、鍋はとてもうまいのだ。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    主に中深場のカサゴなどをねらう釣りの外道。伊豆などでは「水ふぐ」と呼ばれるが、釣りなどで引き上げるとき、水を吸い込んで体をぽんぽんに膨らませて、物凄く重い。これが水を吐き出させれば、パンクしたバスケットボールのようなのだから嫌われる。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
  • 主食材として「ヨリトフグ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ