ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

シロサバフグ(英名/White chestnut,Blowfish,puffer)

学名:Lagocephalus wheeleri Abe,Tabeta and Kitahama

シロサバフグの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長30センチ前後になる。やや細長い紡錘形。尾鰭は湾入形、もしくは弱い二重湾入形。尾ビレがやや黄色っぽく下半分の色合いが灰色。小さな棘が身体の頭部周辺にのみ(目のやや前方から胸鰭先端のやや前方まで)にある。

シロサバフグの形態写真

体長30センチ前後になる。やや細長い紡錘形。尾鰭は湾入形、もしくは弱い二重湾入形。尾ビレがやや黄色っぽく下半分の色合いが灰色。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★★

    一般的な水産物(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系フグ目フグ科サバフグ属
    外国名
    英名/White chestnut,Blowfish,puffer
    学名
    Lagocephalus wheeleri Abe,Tabeta and Kitahama
    漢字・由来
    漢字 白鯖河豚
    由来・語源 「白」はサバフグに黒い(クロサバフグ)と白い(本種)がいるため。「サバフグ」は群れを作るため、もしくは色合いから。
    地方名・市場名
    ウラバ/福井県敦賀市
    ギンナン/徳島県阿南市『椿泊漁業協同組合』・海部郡海陽町『宍喰漁業協同組合』
    ギンフグ/石川県七尾市七尾魚市場、徳島県徳島市漁業協同組合
    ギンブク/徳島県阿南市『椿泊漁業協同組合』
    ギンナン/徳島県海部郡海陽町『宍喰漁業協同組合』
    サンキュウ/京都府宮津・伊根町
    ■ 一般にはサバフグ、ギンフグ(銀ふぐ)、ホンカナト(本かなと)。
    ■ カナト、カナトウ、キロフグ、キロブク、キンフグ、キンブク、シロカナト、「キンフグ」、「ギロ」。
    生息域
    海水魚。鹿児島県以北の沿岸。東シナ海、台湾、中国沿岸。
    生態
    産卵期は初夏。
    シロサバフグ個体1これはは明らかにシロサバフグ。
    シロサバフグの個体2これはクロサバフグとまぎらわしいもの。体色だけではわからない
    基本情報
    西日本でまとまってとれる。
    安いので加工品などになる。
    一夜干し、唐揚げなどは全国的に流通して好まれている。
    無毒だが、取り扱いはフグとなるため、鮮魚で見かけることは少ない。
    漁獲法、取り扱い方しだいでは美味なので山口県萩市などシロサバフグを名物とする地域がある。
    クロサバフグの尾びれクロサバフグ
    尾鰭は二重湾入形。全体に黒っぽい。尾も黒く上下にはっきりとした白い部分がある。
    シロサバフグの尾びれシロサバフグ
    尾鰭は湾入形、もしくは弱い二重湾入形。シロサバフグは尾ビレがやや黄色っぽく下半分の色合いが灰色。
    水産基本情報
    市場での評価 フグ類ではもっとも安いもの。鮮魚で見かけることは少ない。
    漁法 巻き網、定置網
    産地 正式な統計はない。長崎県など
    選び方
    触って張りのあるもの。やや金色を帯びているもの。
    味わい
    旬は秋から春
    白身でやや水っぽく、旨みも少ない
    熱を通すと締まる。
    毒性/筋肉、皮膚、精巣は無毒。
    フグの調理は一般人は原則的に行なわないこと。調理するときには自己責任で
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    汁(みそ汁、すまし汁、鍋、トマトスープ)、刺身、唐揚げ、焼きもの、干もの、煮つけ
    みそ汁は定番的な料理。古くは肝を入れていて、これが美味であったが条例により禁止されている。鍋材料としても優れている。トマトスープ、すまし汁にしてもうまい。
    シロサバフグの鍋 一夜干しを適当に切り、湯豆腐に入れたもの。塩をして干すことによって、水っぽさが消え、とてもうまい鍋になる。
    シロサバフグの刺身刺身 釣りものの刺身は美味。下ろしてペーパータオルなどにくるんで一定時間寝かせて、水分を抜く。
    シロサバフグの唐揚げ唐揚げ 身にうま味が少ないので香辛料をきかせて唐揚げにして美味。クセがなく繊維質の身で骨付きのまま揚げて身離れがよい。
    シロサバフグの粕漬け焼きもの 粕漬け、みそ漬け、祐庵焼きなどにして美味。クセがないので味つけして焼くというのが基本。
    シロサバフグの開き干し干もの 単に塩味でもよいが、魚醬や酒、みりんなどで味わいを足し算して干すのがいい。写真は石川県輪島市で作られている開き干し。醤油味、塩味があって、とても美味。
    シロサバフグの煮つけ煮つけ 比較的淡い味つけでじっくり煮上げる。ショウガなどよりも一味唐辛子が合う。
    好んで食べる地域・名物料理
    山口県萩市
    加工品・名産品
    ふぐへしこ シロサバフグをぬか漬けにしたもの。[福井県若狭地方]
    一夜干し 山口県などで小振りのものを丸干しに、石川県輪島では開いて干す。手頃な価格でスー<パーなどにも並んでいる。
    唐揚げ ぶつ切りにした身に片栗粉などをまぶしたもの。パックなどに入って売られる。
    みがき 生の皮や内蔵などを除去したもの。1キロ単位で袋詰めなどになっている。山口県下関市。
    ふくカレー レトルト食品。『マル幸商事』 山口県下関市彦島西山町
    釣り情報
    相模湾などではマダイ釣りやイカ釣りの代表的な外道。味はいいのだが、ハリスを切っていくので嫌われている。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『魚類学 下』(落合明、田中克 恒星社厚生閣)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『商用魚介名ハンドブック』(日本水産物貿易協会編 成山堂)
  • 主食材として「シロサバフグ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ