ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

キタマクラ(英名/Scribbled toby)

学名:Canthigaster rivulata (Temminck and Schlegel)

キタマクラの形態写真

体長17センチ前後になる。側へんし頭部が大きく全体に柔らかい。体側に褐色の目立たない帯がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    食用として認知されていない

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系フグ目フグ科キタマクラ属
    外国名
    英名/Scribbled toby
    学名
    Canthigaster rivulata (Temminck and Schlegel)
    漢字・由来
    漢字 北枕
    由来・語源 神奈川県三崎での呼び名。北枕とは死亡した人を北向きに寝かせることから、猛毒のフグという意味合い。
    地方名・市場名
    イソネズミ、ウメフグ、オマンブフグ、キンチャクフグ、ギンバフグ、ギンフグ、キンフグト、ケタマクラ、ヒデイシ、フクト、メクラフグ、モチフグ、ヨコフグ。
    生息域
    海水魚。南日本。インド・西太平洋、ハワイ。
    浅場に普通。
    生態
    基本情報
    食用とはみなされていない。
    釣りなどの外道として有名。
    水産基本情報
    市場での評価 流通しない
    漁法 定置網
    産地
    選び方
    味わい
    筋肉と卵巣は無毒、腸と肝は弱毒、皮膚は強毒とされているが食用フグとはみなされていない。
    身は透明感があり刺身にして、なかなか旨い。ただし小型のフグなのであえて食べることはすすめない。
    フグの調理は一般人は原則的に行なわないこと。調理するときには自己責任で
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    防波堤釣りなどでは代表的な外道で硬い歯で釣り糸を切るので嫌われ者である。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「キタマクラ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ