ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ドクサバフグ(英名/Green toadfish,Silver toadfish)

学名:Lagocephalus lunaris (Bloch and Schneider)

ドクサバフグの形態写真

45センチ前後になる。見た目は決して黒っぽくもないし、サバフグとしては平凡である。腹部、尾ビレや尻ビレはクロサバフグよりも白っぽい。だからドクサバフグ=「黒っぽい」と思わない方がいい

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    食用として認知されていない

    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系フグ目フグ亜目フグ科サバフグ属
    外国名
    英名/Green toadfish,Silver toadfish
    学名
    Lagocephalus lunaris (Bloch and Schneider)
    漢字・由来
    漢字 毒鯖河豚
    由来・語源 毒のあるサバフグの意味。
    地方名・市場名
    生息域
    海水魚。鹿児島県、南シナ海、インド洋、南アフリカに棲息。
    生態
    基本情報
    身にも毒があり、食用不可のフグ。
    問題なのは無毒のサバフグ類などに非常に似ていること。
    南シナ海、インド洋などに生息するフグで、遠洋漁業に混ざったり、輸入フグに混ざって重大な中毒事故を起こしている。
    また近年、日本近海でも見つかっており、サバフグ類の流通上の脅威となっている。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    身(筋肉)、皮(皮膚)、肝臓、卵巣、腸は強毒。
    フグの調理は一般人は原則的に行なわないこと。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方

    ドクサバフグの背中の棘食用になるクロサバフグ、シロサバフグ、カナフグとの違いは、なんといっても背中の棘だ。頭の上部から続くトゲが背ビレにまで達している
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    ●鹿児島県南さつま市 伊東正英さんから
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本近海産フグ類の鑑別と毒性』(厚生省生活衛生局乳肉衛生課 中央法規出版)
  • 主食材として「ドクサバフグ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ