ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

メガネモチノウオ(Napoleon fish, Giant wrasse,Humphead wrasse)

学名:Cheilinus undulatus (Rüppell)

代表的な呼び名ナポレオンフィッシュ

メガネモチノウオの形態写真

2m前後になる。側扁(左右に平たい)し、体側に網目状の横縞が無数に走る。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★

    知っていたら通人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系ベラ亜目ベラ科モチノウオ属
    外国名
    Napoleon fish, Giant wrasse,Humphead wrasse
    学名
    Cheilinus undulatus (Rüppell)
    漢字・由来
    漢字 眼鏡持之魚
    由来・語源 目の後方にメガネのつるのような黒い筋があるため。「モチノウオ」の由来語源は不明。
    地方名・市場名
    蘇眉/中国。
    ナポレオンフィッシュ/最近(2000年以降)マスコミの影響で。
    ヒロサー/沖縄本島・八重山
    ヒロシー/沖縄宮古
    生息域
    海水魚。和歌山県、沖縄県。インド・太平洋域。
    浅いサンゴ礁域。
    生態
    基本情報
    ベラ科では世界最大、2メートルを超える。
    国内ではナポレオンフィッシュという方が知名度が高い。
    沖縄ではクセのない白身魚として人気が高い。
    水産基本情報
    市場での評価 沖縄特産魚。沖縄では高級魚。香港などでも高級魚とされている。
    漁法 釣り
    産地 沖縄
    選び方
    味わい
    旬は不明。
    鱗は大きく薄く取りやすい。手で剥がすことができる。皮は厚く強い。
    透明感のある白身でやや水っぽい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 生食(刺身、皮霜造り、焼霜造り)、汁(みそ汁、鍋)、ソテー(ムニエル、バター焼き)、揚げる(唐揚げ、天ぷら)

    皮霜造り 身は透明感があり美しいものの味わいに欠ける。これを補うのが皮の食感と味。皮霜造りや焼霜造りにして味がいい。
    みそ汁 あらを水から煮出してみそを溶いた。単純な料理ながらとても味がいい。
    バター焼き 切り身をバターでソテーした。熱を通すとやや脆弱で崩れやすい。ただし味は絶品である。
    天ぷら 沖縄風に衣に塩、砂糖などで味つけしてある。身がふんわりとしてクセのない味。冷めても味が落ちない。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    沖縄ではハタなどを釣る場合の外道。
    歴史・ことわざ・雑学など
    カツオのぎ餌●地元漁師はこのウロコでカツオ釣りのぎ餌を作る。『原色 沖縄の魚』(具志堅宗弘 タイガー印刷 1972)
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『沖縄の漁具・漁法』(沖縄県漁業振興基金  編集沖縄県水産試験場)、『沖縄の釣り魚』(城一人 フィッシング沖縄社)
  • 主食材として「メガネモチノウオ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ