ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

カマスベラ(Cigar wrasse)

Scientific Name / Cheilio inermis (Forsskål, 1775)

カマスベラの形態写真

体長35cm前後になる体高が非常に低くカマス類に似ている。体側に途切れ途切れの黒い筋がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系ベラ亜目ベラ科カマスベラ属
    外国名
    Cigar wrasse
    学名
    Cheilio inermis (Forsskål, 1775)
    漢字・由来
    漢字/梭子魚倍良、魳倍良
    由来・語源/田中茂穂は「琉球でカマスベラという」としているが、これは正しくないようだ。
    地方名・市場名
    ウムナガ ユー/「藻の長い魚」という意味。『原色 沖縄の魚』(具志堅宗弘 タイガー印刷 1972)
    オーウナジャー/「青いウナギ」という意味。『原色 沖縄の魚』(具志堅宗弘 タイガー印刷 1972)
    ナンドラー/沖縄八重山
    ムーナガユ/沖縄宮古
    生息域
    海水魚。藻場。
    屋久島、琉球列島。主に幼魚は富山湾、八丈島、小笠原諸島、千葉県館山湾〜日向灘の太平洋沿岸。済州島、台湾南部、東沙諸島、西沙諸島、南沙諸島、海南島、インド-太平洋。
    生態
    基本情報
    食用魚として利用されているようだが、非常にローカルな存在であるようだ。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    沖縄水産試験場 沖縄で漁獲される主要魚の名称一覧表
    『原色 沖縄の魚』(具志堅宗弘 タイガー印刷 1972)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「カマスベラ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ