ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ヒラツメガニ(英名/Swimming clab)

学名:Ovalipes punctatus (De Haan,1833)

代表的な呼び名マルガニ

ヒラツメガニの形態写真

甲幅10cm前後になる。甲は丸みを帯び、背中にH型の白いくぼみがある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目短尾下目ガザミ上科ガザミ科ヒラツメガニ属
    外国名
    英名/Swimming clab
    学名
    Ovalipes punctatus (De Haan,1833)
    漢字・由来
    漢字 平爪蟹。
    由来・語源 調べているところ。
    地方名・市場名
    アカガニ/福島県相馬市原釜
    エッチガニ(Hガニ)/福島県相馬市原釜、愛知県蒲郡市西浦魚市場、大分県中津市中津魚市場
    シラガニ/福島県いわき市久ノ浜
    ヒラガニ/岩手県久慈市
    ヘラガニ/北海道小樽、宮城県気仙沼
    ホウボウガニ/愛知県蒲郡
    マルガニ(丸蟹)/北海道
    自動車メーカーホンダのロゴ(H)に似ているのでホンダ、ホンダガニ。スケベガニとも。
    生息域
    海水生。水深10メートル〜350メートルの砂泥地。
    北海道南部以南、九州、沖縄、八重山諸島。朝鮮海峡、黄海、中国。
    生態
    基本情報
    日本各地で水揚げされる小型のカニ。まとまってとれるので比較的安く売られている。
    ガザミ類でも本種だけは活けを見ない。
    水産基本情報
    市場での評価 量的には少ないものの、ときにまとまって入荷してくる。安い。
    漁法 底曳き網
    産地 北海道、福島県、茨城県、岩手県など日本各地
    選び方
    持って重さを感じるもの。
    味わい
    秋から春
    活けでの輸送に弱い。水氷で入荷することが多い。
    殻は柔らかく、手でつぶせる。脚にほとんど身がなく甲羅下に多い。
    やや水っぽいが旨みが強い。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    汁(みそ汁)、煮る(塩ゆで)
    ヒラツメガニのみそ汁みそ汁 カニはみそとの相性が非常にいい。身を半割にして水からあくを取りながら煮ていく。火が通ったところでみそを溶く。ねぎなどは必ずしも必要ではない。カニのみそなどから実に味わい深いだしが出て濃厚な味わい。カニの身も甘味があってとてもうまい。
    ヒラツメガニの塩ゆで塩ゆで 塩水で約10分ほどゆでたもの。大きさや身の入り具合などによってゆで時間は変わる。殻が軟らかいので用意に身が取り出すことが出来、甘味があってとてもおいしい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品

    ヒラツメガニの煮ガニ(ゆでがに)煮ガニ(ゆでがに) 水揚げするとすぐ死んでしまうので、すぐに浜でゆでてしまう。安くておいしいので見つけたら買って欲しいもののひとつ。[青森県など]
    釣り情報
    砂浜などからの投げ釣りで本種は釣れる。カニ網という、重りと、ナイロンの網にイワシやサンマのアラのぶつ切りを入れるポケットがついた仕掛けをつけて投げる。投げてただただ待てばいいのである。九十九里、鹿島灘、相模湾などでも盛ん。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『原色日本大型甲殻類図鑑』(三宅貞祥 保育社)、『あいちの水産物 ハンドブック100』(愛知県農林水産課)
  • 主食材として「ヒラツメガニ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ