ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ヒョウモンコウイカ

学名:Sepia (Doratosepion) pardex Sasaki,1913

ヒョウモンコウイカの形態写真

外套長23cm前後。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    軟体動物門頭足綱二鰓亜綱コウイカ目コウイカ科コウイカ属
    外国名
    学名
    Sepia (Doratosepion) pardex Sasaki,1913
    漢字・由来
    漢字 豹紋甲烏賊
    由来・語源 ヒョウのような斑文のあるコウイカ(甲のあるイカ)。
    ヒョウモンコウイカの斑紋豹紋(ヒョウ柄)のような褐色の斑紋が並ぶ。
    地方名・市場名
    長崎県長崎市長崎魚市場でホタルイカ。
    生息域
    海水生。本州中部太平洋側から東シナ海の陸棚域。
    生態
    基本情報
    以西底曳き網(大正期に始められた漁。東シナ海、黄海の東経128度29分53秒以西で行われる底曳き網漁。長崎などを基地とする)などでときにまとまってとれる。
    コウイカなどと比べるとやや劣るが上質なイカで、鮮魚としてより加工品や剥いた状態で出回る。
    水産基本情報
    市場での評価 関東にはほとんど入荷はしない。安い。
    漁法 底曳き網
    産地 長崎県
    選び方
    触って張りのあるもの。退色して白いものは古い。
    味わい
    大型で肉厚だがやや水分が多い。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    煮つけ、天ぷら、刺身、墨汁、炒め物
    ヒョウモンコウイカの煮つけ
    煮つけ やや水分が多いので刺身よりも煮つけにして美味しい。身にうま味がある。
    ヒョウモンコウイカの天ぷら
    天ぷら 揚げても軟らかく縮まない。甘味があって美味。
    ヒョウモンコウイカの刺身
    刺身 やや水分が多く、生ではあまりうま味が感じられない。平凡な味。
    墨があるので沖縄風に墨汁などにして非常に美味しい。
    炒め物 中華風に野菜と炒めて美味。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『新・世界有用イカ類図鑑』(奥谷喬司 全国いか加工業協同組合)、『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)
  • 主食材として「ヒョウモンコウイカ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ