ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

エゾハリイカ

学名:Sepia (Doratosepion) andreana Steenstrup,1875

エゾハリイカの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
外套背長12センチ前後。オスの方が大きいようだ。コウイカ類の中では細い。頭部から第1から3腕にオレンジ色の明瞭な筋が走る。オスの第2腕が伸びる。画像上は雄。雌。

エゾハリイカの形態写真

外套背長12センチ前後。オスの方が大きいようだ。コウイカ類の中では細い。頭部から第1から3腕にオレンジ色の明瞭な筋が走る。オスの第2腕が伸びる。画像上は雄。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    軟体動物門頭足綱二鰓亜綱コウイカ目コウイカ科コウイカ属
    外国名
    学名
    Sepia (Doratosepion) andreana Steenstrup,1875
    漢字・由来
    漢字 蝦夷針烏賊
    由来・語源 北海道南部まで生息する北方系のハリイカ(コウイカ)の意味。
    「はりいか(針烏賊)」、「こういか(甲烏賊)」について
    ■ 貝殻(甲)を持つイカの意味。
    ■ 貝殻(甲)の後端(普通一番上と思われる部分)に針状の突起があり、それが身体の後部から飛び出しているため。
    ■ コウイカ自体のことでもある。
    地方名・市場名
    島根県では「ハリイカ」。
    生息域
    海水生。北海道南部以南、相模湾、日本海から黄海陸棚。
    生態
    基本情報
    関東には東北太平洋側などから新年になって、まとまって入荷してくる。
    小型でイカとしては格安のもの。
    一般に流通することは少なく、あまり知名度は高くない。
    値段の点、料理法によってはおいしい点からも、もっと評価されてもいい。
    水産基本情報
    市場での評価 季節的な魚貝類。関東には年が明けて厳冬期にかけてまとまって入荷してくる。小型なので安い。
    漁法 底曳き網
    産地 福島県ほか
    選び方
    鮮度がいいと褐色、古くなると退色して白くなる。
    味わい
    旬は冬
    小型であるが、下ろすのは簡単。
    皮も剥きやすい。
    身は柔らかく、熱を通しても硬くならない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    湯引き、刺身、煮つけ
    エゾハリイカの湯引きゆびき
    軽く湯引くと甘みや旨みが増す。げそなども味がいい。
    エゾハリイカの刺身刺身
    やや旨みに欠けるが、刺身にしてもよい。
    煮つけ 大根やジャガイモと煮つけても美味。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    コウイカなどと比べると旨味甘みで劣る。
    ただ、身質はとてもよくて、手間を惜しまずに下ごしらえすれば刺身、寿司ダネ、天ぷら用に使える。
    また煮ても茹でてもうまい。
    小さいのが難点。
    参考文献・協力
    『新・世界有用イカ類図鑑』(奥谷喬司 全国いか加工業協同組合)、『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『島根のさかな』(島根県水産試験場 山陰中央新報社)
  • 主食材として「エゾハリイカ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ