ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ツメタガイ(Bladder moon snail)

学名:Glossaulax didyma (Röding.1851)

ツメタガイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
殻長5センチを超える。つやのある丸い貝殻で、カタツムリを思わせる。軟体が非常に柔らかく、行動しているときには貝殻よりも遙かに大きく広がる。へそが大きく開いているタイプ。

ツメタガイの形態写真

殻長5センチを超える。つやのある丸い貝殻で、カタツムリを思わせる。軟体が非常に柔らかく、行動しているときには貝殻よりも遙かに大きく広がる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★

    知っていたら通人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    動物界軟体動物門腹足綱前鰓亜綱中腹足目(盤足目)タマガイ超科タマガイ科トミガイ亜科ツメタガイ属
    外国名
    Bladder moon snail
    学名
    Glossaulax didyma (Röding.1851)
    漢字・由来
    漢字 津免多貝、砑螺貝
    由来・語源 東京湾周辺での呼び名で『渚ノ丹敷』より。語源は不明だが、馬や牛の爪に似ている貝ので「爪貝」なのかもしれない。
    地方名・市場名
    千葉県内房、東京湾ではイチゴ、イチゴガイ、イチゴニシ。
    千葉県船橋ではチビタ、ツベタ。
    愛知県知多半島常滑ではウンネ、ウンネー。
    アブラツブ、アブラツボ、アブラニシ、イソツベ、イチコ、イナゴ、イヌノツメ、イノツメ、ウシガイ、ウシノクソガイ、ウマンツメ、オナゴニシ、カタモトツブ、キンカニシ、ギンツボ、クツベイ、コハレイ、コワズ、ジカタガイ、ジョロウニシ、ジョロツブ、スイポンボロ、ストトビ、ズベ、ズベコ、スベタ、ズベタ、スベタガイ、スベッタ、ズベリガイ、スリガイ、ズンベ、ズンベレベェ、タツビ、タヌキ、ダビコロ、タペンポ、タマガイ、チビタ、ツベタ、チメタ、チンミ、ツブ、ツブイ、ツブジダ、ツブニシ、ツブロ、ツブン、ツブンコ、ツベ、ツベイタ、ツベコ、ツベタ、ツベタガイ、ツベタギャー、ツボ、ツボコ、ツム、ツムガイ、ツメガイ、ツメタ、ツメタカ、ツングラメ、テスリガイ、テテツポツボ、デベソ、デンデロガイ、トネタツブ、ネコ、ネコツブ、ネコツボ、ネジリツブ、ネゼリツブ、ハイイロタマガイ、バンジョ、ブーブー、ベ、ベイボ、ベー、ベーガイ、ベカコ、ヘソ、ヘソガイ、ヘソグリ、ヘチョカイ、ホウソガイ、マルカイ、マルガイ、マンガイ、マンジュウ、マンジュウガイ、マンジュウツブ、ミツクチ、ミヤコツブ、ミヤコツボ、ムギメシ、メメコニシ、ヨダレズブ。
    生息域
    海水生。
    北海道南部以南、インド、西太平洋域。
    潮間帯から水深50メートルの細砂地。
    生態
    海辺に行くとよく見かけるのが、ぽつんと丸い穴のあいたアサリなど2枚貝の貝殻。
    これはツメタガイに食べられた後である。
    アサリなどの有用2枚貝を食害するため有害種とされる。
    6〜9月に産卵。
    卵(卵嚢 sand collar)は砂茶碗とよばれ、卵と砂を粘液で固めたものがお椀を伏せたような形をしている。
    ツメタガイの卵塊砂茶碗と呼ばれるツメタガイの卵塊。
    基本情報
    食用としてよりもアサリなど食害する巻き貝として有名。
    アサリなどで貝殻に穴を開けられているものを見かけるが、犯人はツメタガイだ。
    ときに駆除の対象になる。
    食用としては非常に地域的なもので、利用される地域は少ない。
    干潟などに普通に見られ、砂茶碗という不思議な卵塊を生み出すことでむしろ有名。
    水産基本情報
    市場での評価 希に入荷を見る。安い。
    漁法 アサリ漁などでの混獲。
    産地
    アサリの荷に混ざったツメタガイアサリに混ざってやってきたもの。
    選び方
    原則として生きているもの。
    味わい
    旬は春
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    煮る、ゆでる
    煮る じっくり酒だけで長時間にて、しょうゆを加えて仕上げ煮をする。食感がよくほんのりと磯の香りがする。
    ゆでる 長時間か圧力鍋などで煮ると軟らかくなる。これを酢みそなどで和える。または串などに刺して焼いてもうまい。
    ツメガタイの煮貝ツメガタイの煮貝
    1 20分ほど茹でる
    2 茹でた身を取り出して、砂などをよく洗い流す
    3 これを砂糖としょうゆ、酒で甘辛く炊き上げる
    ツメガタイの酢みそがけツメガタイの酢みそがけ ゆでて酢みそ。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    ゆでいちご(ゆでいちご貝) 千葉県内房富津などで作られているもの。このまま酢みそで食べる。
    缶詰 甘辛くしょうゆ味で煮つけたもの。[韓国]
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『水産無脊椎動物Ⅱ 有用・有害種各論』(奥谷喬 恒星社厚生閣)、『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)
    協力/小原さん
  • 主食材として「ツメタガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ