このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ツメタガイ」はこちら >>
盤足目タマガイ科 ツメタガイ Glossaulax didyma
タマガイ科の他のページへはここから

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
魚貝の物知り度/★★★
■希に市場にも入荷する
煮つけ
 北海道南部から日本各地の棲息する。
 海辺に行くよく見かけるのがぽつんと丸い穴のあいたアサリなど2枚貝の貝殻。ツメタガイに食べられた後。アサリなどの有用2枚貝を食害するため有害種とされる。6~7月に産卵。この卵、砂茶碗とよばれ、卵と砂を粘液で固めたものがお椀を伏せたように見えます。
 千葉県内房、東京湾では「いちご」と呼ばれ、食べる。
■とても料理の難しい巻き貝である。熱を通しすぎると硬くなりとても食べられない。生煮えだと生臭い。これを木更津では長い時間煮込み柔らかくして食べている。これはなかなかいける。
寿司に関しては寿司図鑑へ!
●千葉県木更津
いちご煮つけ
1●20分ほど茹でる
2●茹でた身を取り出して、砂などをよく洗い流す
3●これを砂糖としょうゆ、酒で甘辛く炊き上げる



関連コンテンツ

サイト内検索

目次