ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

オオズワイガニ(英名/Snow crab)

学名:Chionoecetes bairdi Rathbun,1924

代表的な呼び名バルダイ

オオズワイガニの形態写真

甲羅の幅が15センチ以上になる。甲羅は前後と左右が同じ、もしくは左右が長い。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★★

    究極の美味
    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目短尾下目ケセンガニ科ズワイガニ属
    外国名
    英名/Snow crab
    学名
    Chionoecetes bairdi Rathbun,1924
    漢字・由来
    漢字 大頭矮蟹
    由来・語源 ズワイガニの仲間で大型になるため。
    ズワイガニはいくつか語源説があり
    ■ 頭(甲羅の部分)が足に対して小さいため。
    ■ 「ず」は頭(かしら)のことで、もっとも偉い、もしくは先頭という意味になり、「カニの頭」すなわち「カニの王様」のこと。
    地方名・市場名
    市場ではバルダイ。
    生息域
    海水生。水深16〜474メートルの砂泥地。
    北海道噴火湾、北見沖。ベーリング海、アリューシャン列島、アラスカ半島、ブリティッシュコロンビア沿岸。
    生態
    基本情報
    国内で消費されるズワイガニ類(代表的なものは日本海などでとれるズワイガニ)は3種類。
    北海道噴火湾での水揚げもあるが、ロシアなどからの輸入ものを見かける機会が多い。ズワイガニと比べると入荷量が少なく、見た目からズワイガニとまったく区別されないで取引されている。ズワイガニ同様に雌ガニも流通する。
    大型になり、しかもズワイガニと味わいからして変わらないために、輸入のズワイガニに比べると高値となっている。
    水産基本情報
    市場での評価 ズワイガニとして流通している。入荷量はズワイよりも少ない。価格は輸入もの、北海道ものもほとんど同じ。日本海などのズワイガニと比べると安い。
    漁法
    産地 ロシア、北海道
    選び方
    原則的に生きているもの。持って重いもの。
    味わい
    旬は不明。メスとオス両方の入荷がある。冷凍もの、ボイルはほぼオス。
    殻はズワイガニよりも硬く、足が太いので身の歩留まりはいい。
    身はしまっており、甘みが強い。みその味もよい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 ゆでる、汁(鍋、みそ汁)、焼く
    ゆでる◆ゆでても身が縮まず、ふっくらとして甘味が強い。カニらしい風味も豊かである。ズワイガニと比べても違いがほとんど感じられない。メスガニの内子も濃厚なうま味があって美味しい。
    汁◆「かにちり」は絶品。殻などからいいだしが出る。ほどよく繊維質の身で口のなかでもほぐれ感が好ましい。みそ汁などにしてもうまい。
    焼く◆殻ごと炭火で焼いてもうまい。
    歯は正面から見ると鋸状で上部がM字型になる。ズワイガニはまっすぐ。
    ゆでても身が縮まず、ふっくらとして甘味が強い。カニらしい風味も豊かである。
    「かにちり」は絶品。殻などからいいだしが出る。ほどよく繊維質の身で口のなかでもほぐれ感が好ましい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    ゆでがに●ゆでたもの。煮がにともいう。[福島商店 北海道根室市]
    冷凍生ずわいがに●生のオオズワイガニを解体して冷凍したもの。蒸したり、鍋ものにしたりする。[極洋 東京都港区]
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    ズワイガニ5種
    ズワイガニ Chionoecetes opilio (O.Fabricius,1788) 北極海のアラスカ沖、グリーンランド西岸、北米の大西洋、太平洋沿岸からベーリング海、南米のチリ沿岸。オホーツク海から日本海、太平洋側では犬吠埼以北。
    ベニズワイガニ Chionoecetes japonicus Rathbun,1932 日本海、太平洋、オホーツク海
    オオズワイガニ Chionoecetes bairdi Rathbun,1924 北海道噴火湾、北見沖。ベーリング海、アリューシャン列島、アラスカ半島、ブリティッシュコロンビア沿岸。
    トゲズワイガニ Chionoecetes angulatus Rathbun, 1924 カムチャツカ半島、ベーリング海~オレゴン州。
    ミゾズワイガニ Chionoecetes tanneri Rathbun, 1893 ベーリング海~カリフォルニア州
    参考文献・協力
    『大型甲殻類図鑑Ⅰ・Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)、『水産無脊椎動物Ⅱ 有用・有害種各論』(奥谷喬 恒星社厚生閣)
  • 主食材として「オオズワイガニ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ