ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ズワイガニ(英名/Queen crab,Snow crab,Zuwai-crab フランス名/Crabe des neiges)

学名:Chionoecetes opilio(O.Fabricius,1788)

代表的な呼び名マツバガニ

ズワイガニの形態写真

甲長(甲羅の前後の長さ)8センチ〜13センチ。頭が小さく、脚が細く長い。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★

    これは常識

    ★★★★

    重要水産物

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目短尾下目ケセンガニ科ズワイガニ属
    外国名
    英名/Queen crab,Snow crab,Zuwai-crab フランス名/Crabe des neiges
    学名
    Chionoecetes opilio(O.Fabricius,1788)
    漢字・由来
    漢字 「頭矮蟹」。
    由来・語源
    ■ 頭(甲羅の部分)が足に対して小さいため。
    ■ 「ず」は頭(かしら)のことで、もっとも偉い、もしくは先頭という意味になり、「カニの頭」すなわち「カニの王様」のこと。
    地方名・市場名
    脱皮したばかりで軟らかいのをミズガニ(水蟹)。
    タラバガニ/秋田県由利本荘市・にかほ市由利海岸。『みちのくたべもの誌』(太田雄治 現代美術 1971)
    マツバガニ(松葉がに)/島根県、鳥取県、兵庫県
    エチゼンガニ(越前がに)/福井県では、脱皮してまだ軟らかい状態をズボガニ。
    ズワイガニ/福井県
    ズボガニ/福井県で脱皮してまだ軟らかい状態。
    ヨシガニ、ズワイ。
    生息域
    北極海のアラスカ沖、グリーンランド西岸、北米の大西洋、太平洋沿岸からベーリング海、南米のチリ沿岸。オホーツク海から日本海、太平洋側では犬吠埼以北。
    生態
    産卵は年に一回。
    山陰沖のズワイガニが初めて産卵する時期は6月〜8月、2回目以降は2月〜3月。
    オホーツク海では産卵は2年に一度、産卵期は2月〜3月。
    甲殻類、二枚貝、クモヒトデ類、魚類、イカ類、ゴカイ、巻貝、ツノガイなどをエサとする。
    基本情報
    ズワイガニ類総論
    国内でとれるズワイガニ類はズワイガニ、ベニズワイガニ、オオズワイガニの3種。
    もっとも人気があり、有名なのがズワイガニで雄は日本海冬の風物詩であり、重要な観光資源となっている。
    対するに雌はぐっと庶民的で扱いなど別種の趣がある。
    またベニズワイガニは比較的新しく漁場が見つかった。
    ズワイガニ以上に深い場所にいるもの。
    ある程度まとまった資源があり、生鮮品だけでなく、加工品材料としても重要なものとなっている。
    オオズワイガニは北海道東南部、ベーリング海でとれるが量的には少ない。
    ズワイガニに酷似しており、値段的にも変わらない。
    本種ズガイワニ(オス)について
    雌とは別のカニと思っていい。
    太平洋側でも上がるが、知る人は少ない。
    日本海では冬の風物詩。
    「隠岐松葉蟹」、「松葉蟹」、「間人蟹(たいざがに)」、「越前蟹」、「加能蟹」など総てズワイガニの雄のこと。
    国内外でとれる高級ガニの代表的なものでもある。
    日本海の産地により名前が変わるが、いずれも観光資源として知名度が高い。
    またロシアから格安のものが輸入されて、最近ではスーパーなどにも並ぶようになっている。
    水産基本情報
    市場での評価 活けはロシア産などを中心に年間を通して入荷してくる。寒い時期の国産ものは高く、輸入ものは安い。生、ゆでの冷凍ものも大量に出回る。
    漁法 底曵網、カゴ漁
    主な産地 兵庫県、鳥取県、石川県、福井県、北海道
    国内での漁獲量は6000トン前後、これに対してロシア、アラスカなどからの輸入が60000トンと国産の10倍にも上る。すなわち国産の中にはメスも含まれているわけで、オスの量となるともっと差が出るかもしれない。
    選び方
    生きているものは元気なもの。持ち重りのするもの。
    味わい
    なんといっても身の甘みと、ほどよく繊維を感じる食感が重要。
    鍋ものなどにして旨味のあるだしがでる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法
    ちり鍋、ゆでる、しゃぶしゃぶ、蒸す、焼く、しゃぶしゃぶ、甲羅酒、刺身
    ゆでる 一般的にはゆでる。必ず生きているものをゆでること。ゆで時間は大きさによて、15分〜20分前後。生きているものは水から入れて、やや強めの塩加減にする。
    蒸す 蒸しても美味。
    焼く 近年では炭火などで焼いて食べることも多い。旨味がゆでて時よりも強いとも言うが、好みの問題。
    鍋ものにしてもうまい。生のままむき身にしてしゃぶしゃぶ、昆布だしのちり鍋もいい。熱の通し方で味が変わり、これがまたよい。
    刺身 一番長い長節をむき、氷水でふり、4〜5分つける。藤の花の開いたようになる。
    ズワイガニのちり鍋ちり鍋
    大阪道頓堀『かに道楽』。
    主に脚を食べる。非常に甘みが強く、旨味が濃厚。ほどよく繊維質で口の中でのほぐれ具合が心地よい


    好んで食べる地域・名物料理
    現在では全国。
    古くは日本海各地。
    加工品・名産品
    浜ゆで、冷凍、缶詰など。
    棒肉 脚の部分の筋肉の殻を除去したもの。ボイル、生があるが基本的に冷凍流通。
    ズワイガニフレーク 甲下の部分の棒状にならない身、脚の部分でばらけた身などのこと。
    かにみそ ズワイガニの肝膵臓と少量の筋肉を合わせてペースト状にしたもの。『ストー缶詰』 北海道函館市千代代町18-13
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    ■ 北海道などでは缶詰となり輸出されていた。
    ■ 日本海の解禁は毎年11月初旬。初競りでの最高値が話題となる。
    ■ 地名のついたズワイガニ
    間人蟹(間人ガニ) 京都府丹後市丹後町間人であがるもの。
    加能がに 石川県産のもの。
    隠岐松葉ガニ 島根県隠岐でカゴ漁でとれたもの。
    ズワイガニの甲羅に付いているカニビルの卵カニビルの卵 甲羅の黒いものはカニビルの卵。なぜか日本海のものには付着しているのに、ロシアやアラスカのものには付着していない。「カニビル」という名前からズワイガニに寄生してるかのように思われがちであるが、成虫の寄生の事実はないのだという。カニビルが棲息する深い海底は柔らかな泥質であり、カニビルが産卵する安定しっかりした場所がない。それで硬く安定した面であるズワイガニの甲羅に産卵するのではないかという。
    ■ 道頓堀『かに道楽』の大きなカニの看板は、今や観光名所のひとつだが、これがズワイガニ。
    ズワイガニ5種
    ズワイガニ Chionoecetes opilio (O.Fabricius,1788) 北極海のアラスカ沖、グリーンランド西岸、北米の大西洋、太平洋沿岸からベーリング海、南米のチリ沿岸。オホーツク海から日本海、太平洋側では犬吠埼以北。
    ベニズワイガニ Chionoecetes japonicus Rathbun,1932 日本海、太平洋、オホーツク海
    オオズワイガニ Chionoecetes bairdi Rathbun,1924 北海道噴火湾、北見沖。ベーリング海、アリューシャン列島、アラスカ半島、ブリティッシュコロンビア沿岸。
    トゲズワイガニ Chionoecetes angulatus Rathbun, 1924 カムチャツカ半島、ベーリング海~オレゴン州。
    ミゾズワイガニ Chionoecetes tanneri Rathbun, 1893 ベーリング海~カリフォルニア州
    参考文献・協力
    『新北のさかなたち』(水島敏博、鳥澤雅他 北海道新聞社)、『大型甲殻類図鑑Ⅰ・Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)
  • 主食材として「ズワイガニ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ