ヒメフエダイ

ヒメフエダイの生物写真

50センチ前後になる。体高があり全身が赤い。吻は先が尖る。尾鰭は2叉形。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★★
究極の美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエダイ科フエダイ属
外国名
Humpback red snapper
学名
Lutjanus gibbus (Forsskål, 1775)
漢字・由来
漢字 姫笛鯛
由来・語源 調べているところ
地方名・市場名
沖縄本島、宮古島、八重山でミミジャー。
沖縄宮古島でウルヌハ。

概要 ▽

生息域

海水魚。岩礁域、サンゴ礁域。
硫黄島、屋久島、琉球列島。
伊豆諸島、小笠原諸島、伊豆半島両眼、三重県熊野市(成魚)、和歌山県串本(成魚)、徳島県海部郡海陽町宍喰(成魚)、高知県柏島、福岡県津屋崎では幼魚が見られた。

生態

基本情報

沖縄県では味のいい魚として認知度が高い。
魚汁、まーす煮、刺身など用途が広い。

水産基本情報

市場での評価 主に沖縄県で食用となっている。高価。
漁法 釣り、定置網、刺し網
産地 沖縄県、鹿児島県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

赤いもの。目が澄んでいるもの。

味わい

旬は秋から春
沖縄などでは年間を通してとれ味がいいとも。
頭部が小さいので歩留まりがいい。
鱗は薄く取りやすい。皮はしっかりしているが硬いというほどではない。骨はやや硬め。
透明感のある白身で血合いが美しい。あらなどからいいだしが出る。熱を通しても強く縮まない。
料理法を選ばない魚と言えそう。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
煮る(まーす煮など)、生食(刺身、カルパッチョ、セビチェ)、汁(みそ汁、潮汁)、ソテー(バター焼き、ムニエル)
ヒメフエダイのまーす煮煮る
液体を使った料理法がいい。少量の塩水で蒸し煮にする「まーす煮」は実にうまい。
ヒメフエダイの刺身刺身
皮を生かして皮霜造りも、刺身も実に味がいい。皮下にも身自体にも脂が混在して甘味がある。
ヒメフエダイの汁
塩味の潮汁もうまいが、みそ味の沖縄で言うところの「魚汁」がいい。滋味豊かな味の汁でご飯にも合う。
ヒメフエダイのソテーソテー
ムニエルや沖縄流のバター焼きがうまい。仕上げにしょうゆをかけ回すとご飯のおかずになる。

好んで食べる地域・名物料理

鹿児島県諸島部、沖縄県。

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『宍喰漁業協同組合』(徳島県海部郡海陽町宍喰)
『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、沖縄水産試験場 沖縄で漁獲される主要魚の名称一覧表


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ