バラフエダイ

バラフエダイの生物写真

1m前後になる。大形になるほど体長に対して体高が低くなるようだ。頭部目の先に深い溝がある。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエダイ科フエダイ属
外国名
Two-spot red snapper
学名
Lutjanus bohar (Forsskål,1775)
漢字・由来
漢字 薔薇笛鯛
由来・語源 フエダイの類であって色合いがバラを思わせるため。
地方名・市場名
沖縄本島でアカナー、宮古でアカイラウツ、アカナ、八重山でアカナ。

概要 ▽

生息域

海水魚。サンゴ礁・岩礁域。
八丈島、小笠原諸島、北硫黄島、南硫黄島、沖ノ鳥島、稚魚が静岡県沼津、和歌山県串本、高知県柏島、鹿児島県錦江湾、屋久島、琉球列島、南大東島、尖閣諸島。台湾南部、香港、西沙諸島、南沙諸島、インド-太平洋域。

生態

基本情報

沖縄県などでは食用魚として流通している。
味のいい魚なのでやや高価でもある。
ただしシガテラ毒を持つ個体があるので注意が必要となる。
大型個体、内蔵を食べることなどは避けた方がいいのかも知れない。
またその地での情報を得ることも重要だろう。

水産基本情報

市場での評価 沖縄県で食べられ、流通する。やや高値。
漁法 釣り、定置網
産地 沖縄県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。亜科の強いもの。

味わい

旬は不明。
鱗は硬く取りにくい。皮も厚みがあり丈夫だ。骨も硬い。
透明感のある白身で、脂が強い。
あらなどからいいだしが出る。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 刺身、煮つけ、汁、塩焼き
注●シガテラ毒などを持つ個体があるので要注意。
刺身◆くせのない脂の甘い上質の白身。うま味が豊富で実に美味。
煮つけ◆熱を通してもあまり強く締まらない。身離れもよく実に美味しい。
汁◆あらなどで作る汁(みそ汁)は絶品。滋味豊かな味がする。
塩焼き◆焼くと少し縮むが上品な白身で、ほのかに脂の甘味が感じられる。
バラフエダイの刺身刺身◆くせのない脂の甘い上質の白身。うま味が豊富で実に美味。
バラフエダイの煮つけ煮つけ◆熱を通してもあまり強く締まらない。身離れもよく実に美味しい。
バラフエダイの塩焼き塩焼き◆焼くと少し縮むが上品な白身で、ほのかに脂の甘味が感じられる。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

撮影用個体提供/石井拓治さん
『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、沖縄水産試験場 沖縄で漁獲される主要魚の名称一覧表


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ