ヨコフエダイ

ヨコフエダイの生物写真

体長1メートル近くになる。全体に赤く腹にかけて赤銅色に光る。体高が高く体表には斑紋がない。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエダイ科フエダイ属
外国名
英名/Firespot snapper
学名
Lutjanus malabaricus Schneider
漢字・由来
漢字 横笛鯛
由来・語源 不明。
地方名・市場名
別名、ヨコタルミ。
沖縄本島でナンバナー。
沖縄宮古島でフッスベ。
沖縄八重山でヤマトゥビー。

概要 ▽

生息域

海水魚。南日本。インド・西太平洋域。
砂地、岩礁域。

生態

基本情報

沖縄では普通の食用魚。
大型なので切り身、刺身などになり並ぶ。
白身の味のいい魚でやや高級魚。

水産基本情報

市場での評価 まとまってとれない。高級魚。
漁法 釣り
産地 沖縄県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

赤い色合いの濃いもの。退色したもの、目が濁ったものは古い。鰓が赤いもの。

味わい

旬は不明
非常に大型種。
鱗は硬く取りにくい。皮はやや堅め。
透明感のある白身でやや繊維質で身離れがいい。
骨は普通の硬さで大型になると頭を割るのは大変。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
刺身、ソテー(バター焼、ポワレ)、汁(みそ汁、潮汁、まーす煮、鍋)
ヨコフエダイの刺身
刺身 淡泊で上品。ほんのり甘みを感じて美味。
ヨコフエダイのバター焼き
バター焼き 皮目が香ばしくバターの風味とともに、身の甘さが心地よい。塩をしないで食べるときに生醤油をかけてもいい。
ポワレ 皮をこんがりソテーしても香ばしく、身がしっとりとしてうまい。
沖縄風にみそ汁にして非常に味わい深い。ご飯のおかずにもなる。
ヨコフエダイの天ぷら
天ぷら 沖縄風に味つけした衣をつけて揚げても美味。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ