ホンダワラ

ホンダワラの生物写真

1メートルを超える。ヒモ状の茎があり、そこから陸上植物のように枝葉が出る。

物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
植物界褐藻植物門褐藻綱ヒバマタ目ホンダワラ科ホンダワラ属
外国名
学名
Sargassum fulvellum (Turner) C.Agardh
漢字・由来
漢字 馬尾藻、神馬藻(なのりそ)
由来・語源 神馬藻、陣馬藻は「神功皇后(じんぐうこうごう 記紀にある)が三韓征伐のために九州から渡航するとき馬秣(馬のエサ)が不足して困った。そのとき海人族の勧めでホンダワラをとり、馬を飼った」、というのが由来とされる。すなわち神功皇后の率いる神の馬の食べる藻=神馬藻と書くようになった。
馬尾藻は形から。
音に関しては不明。
地方名・市場名
島根県隠岐ではジンバソウ(神馬草)。

概要 ▽

生息域

太平洋沿岸、八丈島、九州。日本海新潟県以南、朝鮮。
潮間帯下の岩礁に付着。初夏になると流れ藻となってただよう。

生態

基本情報

ホンダワラ類総論
ホンダワラ類は日本周辺の浅場に普通に見られるもの。
浅場に群生しており魚の稚魚などの育成場としても重要。
非常にたくさんとれて、古くから食用や肥料ともなって重要なものだった。
ホンダワラは各地で好んで食べられているほか、正月の蓬莱飾りに用いられている。
またアカモクは能登半島以北で食べられていて、冬から春にかけてのものは高級品となっている。
ホンダワラ類は各地で未利用海産物として、利用促進が計られている。

日本書紀にも登場する。
古くから食用となっており、正月の蓬莱飾りに飾られるもののひとつ。
ただ、いつの間にか、食用海藻としては一般的ではなくなってしまい、今では島根県隠岐郡など限られた地域で食べられている。

水産基本情報

市場での評価 生、乾燥品ともに入荷を確認していない。
漁法 採取
産地 島根県ほか

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

乾燥品なので緑色で退色、黒ずんでいないもの。

味わい

旬は乾物なのでなし。
水でゴミなどを洗い、すぐに戻る。
柔らかく、苦みは皆無。
磯の香り、海藻らしい旨みが楽しめる。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 煮もの、みそ汁、酢の物、醤油漬け
水洗いしながら戻して、さっと甘辛く煮て柔らかく非常に美味。
根菜よりも、葉物野菜と相性がいい。
みそ汁に、酢の物にしてもよい。
軽く湯通しして、甘辛い醤油ダレに漬け込んでも美味。
切り干し大根や干しニンジン、干したゴーヤなどを加えると、また別種の味わいになる。
干したもの。
島根県隠岐郡知夫島産干しジンバソウをもどして酒、砂糖、醤油で甘辛く煮たもの。
ホンダワラのみそ汁みそ汁
島根県隠岐郡知夫村で作られている醤油漬け「神葉漬け」。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

干しジンバソウ/島根県隠岐郡知夫村。若い内に採取して干したもの。
神葉漬け/干したジンバソウを水で戻して切り干し大根などとともに、甘辛い醤油煮漬け込んだもの。

釣り情報

歴史・ことわざなど

塩かけ神事●佐毘売山神社は石見銀山内にある神社。「江戸時代、例年旧暦正月十一日には奉行(代官)、役人、山師、坑夫が正装して神社に参籠して銀山大盛を祈願した。その際、馬路の鞆ヶ浦からは塩鯖、ホンダワラを持ち帰り、海藻を社殿の扉に掛けて祈願する塩かけ神事が行われた」[島根県大田市大森町/『郷土石見№97』(石見郷土研究懇話会)]

参考文献 ▽

協力/島根県隠岐郡知夫村(知夫里島)『野大根の会』
千葉県立中央博物館海の博物館 菊地則雄先生にレクチャーしていただきました


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ