シマゾイ

シマゾイの生物写真

体長35センチ前後になる。やや側扁し、全体に褐色、もしくは黄色味がかる。体側後部背の部分にくっきりとした縞がある。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は多くも少なくもない)
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目メバル科メバル属
外国名
Threestripe rockfish
学名
Sebastes trivittatus Hilgendorf
漢字・由来
漢字 縞曹以
由来・語源 北海道での呼び名。
縞のあるソイの意味。
ソイとは、「そ」は磯を短縮したもので、「い」は魚のこと(魚名語尾)。「曹以」は当て字。
地方名・市場名
北海道ではシマゾイの他、キゾイ、モンキゾイ、シマソイ、シマハチメ、マゾイ、ムラソイ。

概要 ▽

生息域

海水魚。水深100mよりも浅い岩礁域。
北海道全域、青森県〜秋田県の日本海沿岸、青森県〜福島県の太平洋沿岸。新潟県、富山県、福井県、兵庫県浜坂、島根県浜田市。遼東半島、朝鮮半島西岸・東岸〜ピーター大帝湾を経てサハリン南東岸、千島列島太平洋沿岸。

生態

卵胎生。

基本情報

関東にも冬期から春にかけてまとまって入荷してくる。
「そい」とは北国でのカサゴ目メバル属の総称。
マゾイ(タヌキメバル)、クロソイ、キゾイ(シマゾイ)、アオソイ(クロメヌケ)があるが、評価もこの順序に近い。
関東ではこの評価はソイの評価は一定しない。
ただ特徴的な縞模様から種を認識しやすい模様でプロの間での認知度は高い。
値段はカサゴなどと比べるととても安い。
味がよく値段が安いので関東のスーパーでもときに目にする。

水産基本情報

市場での評価 冬から春にかけて入荷してくる。ややまとまる。値段的には安い。
漁法 刺し網、釣り
産地 北海道

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

体色の濃いもの。白い縞模様がくっきりして目が澄んでいるもの。触って張りのあるもの。腹が柔らかいのはダメ。

味わい

旬は秋から冬
鱗は柔らかく取りやすい。皮はしっかりして強い。骨はあまり硬くない。
白身で血合いは比較的美しい。身はしまっており、食感は長持ちしない。
熱を通すとより締まる。脂のない固体は熱を通すと強く締まる。
あらなどからいいだしが出る。
内臓はきれいで、肝、胃なども美味。
シマゾイのフィレ白身で血合いは比較的美しい。身はしまっており、食感は長持ちしない。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
汁(鍋、潮汁、みそ汁、ブイヤベース)、煮つけ(しょう油仕立て、塩煮も)、ソテー(ムニエル、ポワレ)、刺身(刺身、焼き霜造り)、塩焼き
シマゾイの汁
非常にいいだしが出る。水洗いして、単にぶつ切りに。これをちりにして美味。みそ汁や潮汁にしてもよい。ブイヤベースにも。
シマゾイの煮つけ煮つけ
クセのない白身で、熱を通すとしまり、しかもほどよく繊維質。逆に言うとさっぱりしすぎているのを醤油が引き立ててくれる。
シマゾイのソテーソテー
焼くよりもソテーする方が硬くならない。皮目をいかしたポワレ、バターを使ったムニエルは美味。
シマゾイの刺身刺身
関東にも少ないながら鮮度のいい、活け締めものがやってくる。そんなときは刺身にして美味。血合いが美しく、身が締まっていて白身ならではの味わいが楽しめる。焼霜造り、皮霜造りもいい。
シマゾイの塩焼き塩焼き
焼くと少し硬くなるものの皮目に旨みと風味がある。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『北海道の全魚種図鑑』(尼岡邦夫、仲谷一宏、矢部衛 北海道新聞社)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ