ヨロイメバル

ヨロイメバルの生物写真

体長20cm前後になる。全体にレンガを思わせるような赤い色が散らばる。尾鰭は丸い。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目メバル科メバル属
外国名
Armorclad rockfish
学名
Sebastes hubbsi (Matsubara, 1937)
漢字・由来
漢字 鎧目張
由来・語源
地方名・市場名
北海道函館ではムラソイ類とともにハチガラ。
イシホゴ、ガガネ、ガシラ、ガットオバチメ、ギット、キミカサゴ、ジンナイ、スミカサゴ、セッカイ、タンゴバチメ、ハツメ、ヒイチカサゴ、ヒメオコゼ、フジメバル、ホイトメバル、モアラカブ、モバチメ、モハツメ、モブシ、モヨ、リヨウホゴ。

概要 ▽

生息域

海水魚。沿岸の岩礁域、アマモ場、ガラモ場。
津軽海峡沿岸〜三重県の太平洋沿岸・九州西岸の日本海・東シナ海沿岸、大阪湾、瀬戸内海。中国山東半島・遼東半島、朝鮮半島東岸・南岸。

生態

基本情報

沿岸の岩礁域にいる小型のカサゴ類で、まとまってとれることがないので単独での流通はない。
ムラソイ、カサゴなどと一緒に混ざってくる。カサゴなどと同様にやや高値がつくが、単独での評価はない。また一般的な知名度もないにひとしい。

水産基本情報

市場での評価 単独での評価はない。やや安い。
漁法 釣り、刺し網
産地 神奈川県、青森県、北海道

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。目が澄んでいるもの。鰓に赤みが強いもの。

味わい

旬は秋から春
小型なので三枚に下ろすなどすると著しく歩留まりが悪い。
鱗は薄く取りやすい。皮はやや厚めで骨は細く軟らかい。骨はあまり硬くない。
透明感のある白身で鮮度落ちが早い。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
煮つけ、汁(みそ汁、潮汁、ブイヤベース、アクアパッツァなど)、刺身(焼霜造り)、塩焼き
ヨロイメバルの煮つけ煮つけ
液体を使った料理法がいい。特に煮つけは硬く締まるが液体でそれが緩和、まことに美味しい。
ヨロイメバルの汁
よく産地などに行くと、お土産に持たせてくれたりする魚で、味がいい割りに流通上で値がつかないもののひとつ。漁師さん直伝では鱗と内臓を取り適当にぶつ切りにし、肝なども含めて水から煮出してみそをとき入れる。実に濃厚かつ滋味豊かな味のみそ汁になる。
ヨロイメバルの刺身焼霜造り
身は淡泊でイヤミはないもののうま味に欠ける。皮にうま味があるがやや硬いので焼霜造りにして美味。ポン酢などが合う。
姿揚げ 水洗いし、背開きにして、ふくら雀を思わせるような形で揚げたもの。身にうま味があり皮や鰭がとても香ばしい。
ヨロイメバルの干もの一夜干し 背開きにして振り塩。一日寝かせて冷蔵庫で干し上げたもの。寒い時期のものは、皮に風味があり、身がふっくらとして甘味があって実にうまい。
ヨロイメバルの塩焼き塩焼き
上品な白身だが焼くと硬く強くしまる。特に旬を外したものは痩せてしまって硬く味気ない。決して不味くはないが、あえて進められない。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

防波堤などでのルアー釣りの対象魚。またときにぶっこみ釣りでもあがる。

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ