クロメバル

クロメバルの生物写真

25センチ前後になる。身体は左右に側扁(平たい)して全体に黒っぽい。胸鰭軟条は16。

関連種 ~ メバル3種。元々は「メバル」として1種であった。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は多くも少なくもない)
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目メバル科メバル属(旧メバル)
外国名
Brown rockfish
学名
Sebastes ventricosus Temminck and Schlegel,1843
漢字・由来
漢字 黒目張
由来・語源 黒いメバルの意味。
■ メバルは目が大きく見張っているようであるため。
古くはメバル。
地方名・市場名
■ 関東ではメバル3種をウスメバル、トゴットメバル(ともにオキメバル)と区別して「クロメバル」。
■ 特に金色がかったものを「キンメバル(金眼張)」。
■ 島根県では「クロソイ」、「ソイ」、「ナダメバル」、「キンメバル」、「アカメバル」。
■ 「ツズノメ」、「ハツメ」、「メバチ」、「モバチメ」、「コビキ」、「ワイナ」、「ワガ」、「テンコ」、「ソイ」、「スイ」、「ガヤ」、「アオテンジョウ」、「ゴンダイメバル」、「シンチュウ」、「ガサ」、「ホシカル」。
●メバル3種は共通。

概要 ▽

生息域

海水魚。北海道南部〜九州。沿岸の浅い岩礁域。

生態

■ 卵胎生。11月前後に交尾、12月から2月に出産される。
■ 浅い岩礁域・藻場に生息。
■ 北海道から九州、朝鮮半島。
■ 仔魚期には小型の甲殻類、成魚になると小魚、エビなどをエサとする。
●メバル3種(クロメバル、アカメバル、シロメバル)は共通。

基本情報

沿岸の浅い場所にいる小魚で、古くは庶民的な魚として人気が高いものだった。
各地で煮魚と言ったらメバルに限るといったものでもあった。
それが沿岸魚の減少にともなって高級魚となってしまった。
値の高騰とともに煮魚だけではなく刺身や塩焼きなど用途も広がっている。

水産基本情報

市場での評価 メバル3種のなかでももっとも入荷量が多い。高価。
漁法 刺し網、釣り、定置網
産地 神奈川県、千葉県など

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

厚み丸みがあって触って張りのあるもの。鰓が鮮紅色のもの。

味わい

旬は冬から春
漁もこの時期に最盛期となる。
鱗は軟らかく、皮は薄くて弱い。骨はあまり硬くない。
透明感のある白身で熱を通しても硬くならない。身離れがいい。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
煮つけ、塩焼き、唐揚げ、刺身
煮つけ 煮つけてもしっとりと締まりすぎず、身離れがいい。いいだしが出るようで煮汁が美味しいので、身を浸しながら食べたい。
塩焼き 焼いても硬くならないのが魅力。白身でほんのりと甘みがある。身離れがいいのも魅力だろう。
唐揚げ 小振りのものは丸のまま揚げると骨まで食べることができる。香ばしくて美味しい。
刺身 大型のものは単に刺身にして美味。甘味があって美味だ。
煮魚の定番。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

メバル竿というのがある。2メートル上の柳のように軟らかな竿である。これに胴つきの2〜3本のハリをつけ、小エビやときにドジョウ、活けのカタクチイワシ、イカナゴなどを餌に釣る。素晴らしいヒキ込みに竿は弓なりになる、1匹、待って2匹と連になると折れんばかりに曲がるのを耐えて総てのハリにかけるのがこの釣りの醍醐味である。

歴史・ことわざなど

■ 山形県鶴岡市で「天口ふじな」は「大きな口あけて上を向くな」という意味だという。[いな舟 山形県鶴岡市]

参考文献 ▽

『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)、『島根のさかな』(島根県水産試験場 山陰中央新報社)、『魚類学 下』(落合明、田中克 恒星社厚生閣)
甲斐嘉晃・中坊徹次論文より


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ