カタボシアカメバル

カタボシアカメバルの生物写真

体長22cm前後になる。鰓蓋骨の褐色の斑紋は丸い。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目メバル科メバル属
外国名
学名
Sebastes kiyomatsui Kai and Nakabo,2004
漢字・由来
漢字 肩星赤目張
由来・語源 メバル属で鰓蓋骨上の黒い斑紋から
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水生。水深250m前後。
相模湾〜和歌山県那智勝浦。ただし東京湾金谷沖でも手に入れている。

生態


カタボシアカメバルの鰓ぶた上の黒い斑紋は1点で下まで伸びない
ウケグチメバルの鰓ぶた上の黒い斑紋は帯状に長い

基本情報

近縁のウケグチメバルに似ているが明らかに文様が異なる。鰓ぶた上の黒い斑紋の違いなどから区別がつく。
 長い間、ウケグチメバルと混同されていたようだ。これを京都大学の中坊徹次氏と甲斐嘉晃氏が新種として発表したもの。

水産基本情報

入荷は非常に希。アコウ、ウスメバルなどと混同されている可能性あり

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

鮮度が良ければ刺身は上々。ただしアコウダイのように鍋物、煮つけの方が、この魚をより味わい尽くせるかもしれない。絹のような滑らかな繊維質の白身で旨味もあるし、脂も感じられる。他には塩焼きなど。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

煮つけ(鍋物)/刺身/塩焼き/干物他

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/駿河湾底引き網 沼津佐政水産 青木修一さん
『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ