コウライキツネメバル

コウライキツネメバルの生物写真

体長40cm前後になる。尾鰭は丸い。全体に黒っぽくてムラソイなどと比べて頭部なども側へん(左右に平たい)。体高がある。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目メバル科メバル属
外国名
Rockfishes
学名
Sebastes ijimae (Jordan & Metz, 1913)
漢字・由来
漢字 高麗狐目張
由来・語源 不明。キツネメバルは田中茂穂の命名。
地方名・市場名
北海道南部でハチガラ、マゾイ。

概要 ▽

生息域

海水魚。北海道南部〜島根県・房総半島。朝鮮半島南部。
水深20〜50メートルの岩礁域。

生態

卵胎生。

基本情報

北海道南部、東北などにいて、岩場で揚がる
ソイ類と同様な評価で、区別されずにやや高値で流通。
同定するのが難しいものなので呼び名もムラソイなどと混同している。
完全に単独で入荷したものをまだ見ていない。

水産基本情報

市場での評価 ソイなどに混ざってくるもの。入荷量は少なく、やや高値となる。
漁法 釣り、刺し網、定置網
産地 北海道

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。目が澄んでいるもの。鰓が赤いもの。

味わい

旬は晩春〜秋。
鱗は小さく薄く取りやすい。皮はやや厚い。
透明感のある白身で取り扱いがよいと、透明感が長続きする。
骨はやや硬く、あらなどからいいだしがでる。
クセのない味わい。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 煮つけ、塩焼き、刺身、汁(みそ汁、鍋)、揚げる(唐揚げ)

コウライキツネメバルの煮つけ煮つけ 煮つけて、あまり硬くしまりもせず、身離れもいい。白身で上品ななかにうま味がある。
コウライキツネメバルの塩焼き塩焼き さっぱりした味ながら身離れがよく、皮などにうま味がある。冷えたものよりも熱いうちが美味。
コウライキツネメバルの刺身刺身 上質の白身で皮目にうま味がある。皮月で焼霜造り、そのまま刺身にしても美味しい。
コウライキツネメバルの汁みそ汁 実にいいだしが出る。また汁にすると余すところなく利用するのがよい。皮、骨につく身などがとくに美味。沖縄のようにおかず的に食べて欲しい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ