タヌキメバル

代表的な呼び名マゾイ

タヌキメバルの生物写真

40cm前後になる。全身に斑紋があり横縞の太い帯がある。涙骨に顕著な棘はない。体側には地の色の濃い部分と薄い部分が帯状になっている。尾鰭(おびれ)の後縁(いちばん端)に白い部分がある。コウライキツネメバルと比べると体高が低い。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は多くも少なくもない)
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目メバル科メバル属
外国名
Jacopever
学名
Sebastes zonatus Chen and Barsukow
漢字・由来
漢字 狸目張。
由来・語源 意味不明だが、タヌキメバルと見分けがつかない。タヌキキツネのたぐいで狐狸という意味合いか?
地方名・市場名
ソイ/山形県酒田市酒田漁港、鶴岡市由良漁港でマゾイ。(山形県漁業協同組合)
ツンノメ/石川県七尾市七尾魚市場
ドコ/山形県酒田市酒田漁港、鶴岡市由良漁港でマゾイ。(山形県漁業協同組合)
マゾイ/北海道、秋田市、形県酒田市酒田漁港・鶴岡市由良漁港で(山形県漁業協同組合)
ソイというところとスイというところがある。
キツコオホゴ、スズノメバチメ(鈴の目鉢目)、ツズノメバチメ(鈴ノ目鉢目)、ツヅノメバチメ、タケノコメバル、バドウ。
※キツネメバル型など混同している。

概要 ▽

生息域

海水魚。北海道南部以南から山口県、高知県。
水深50〜175メートルの岩礁域。

生態

水深50〜100メートルの岩礁域に生息。
卵胎生。
交尾期は秋から冬。出産期は初夏。
タヌキメバル
キツネメバル

涙骨(目の下の骨)にはっきりした棘がない
クロソイ
涙骨(目の下の骨)にはっきりした棘がある

基本情報

北海道南部ではキツネメバル(タヌキメバル、キツネメバルは同種の可能性大)とともに「マゾイ」。
関東などでも北海道での呼び名を使うことが多い。
ソイの代表的なもので、またもっとも味がよいと思われている。
消費地では評価が低く、庶民的な値段の魚となっている。
白身魚で、クセがなく、上品な味わい。
もっと評価が高くなってもよい。

水産基本情報

市場での評価 北海道ではソイ類でもっとも高いもの。関東ではソイ類は総てやや安値安定。
漁法 釣り、刺し網、定置網
主な産地 北海道、岩手県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って高いもの。退色していないもの。鰓が鮮紅色のもの。

味わい

旬は不明。
出産期は不安定ながら年間を通して味がよい。
白身魚で血合いもほとんど色がなく、ほどよく繊維質。
煮る、焼くなどして身離れがいい。
汁にしてうまいだしが出る。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
煮つけ、汁(三平汁、みそ汁、鍋)、塩焼き、生食(刺身、焼き切り、セビチェ、カルパッチョ)、揚げる(唐揚げ)
タヌキメバルの煮つけ煮つけ
白身で実に味のいいだしが出る。この煮汁と淡泊な白身をからめながら食べるとうまい。
じゃがいも、にんじん、大根、タマネギ、ねぎなどと合わせて三平汁、みそ汁などにして重宝する。野菜と好相性なのがいい。

タヌキメバルの塩焼き塩焼き
少々しまり硬くなるが淡泊な味わいでなかなかいい味である。
タヌキメバルの刺身生食
単に刺身にしてもいいが上品ではあるがものなりない。皮付きのままあぶり、切る「焼き切り」が美味しい。カルパッチョ、セビチェもいい。




揚げる 小振りのものは唐揚げにしてもいい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ