廣丸とその楽しい仲間たち
優秀な船頭のクロチチ。時々獲物を食べてしまうのが難点
永野廣/土佐のいごっそう。明るい性格と好奇心旺盛な40代の漁師。浦戸湾は廣の庭のようなもの。「また土佐のうまいもんはワシに聞け」というほど嗅覚が鋭い。うまいもん探して色々提供いたします
永野昌枝/とうちゃんよりも働いていると言う噂がもちきり。日曜市ではいちばん声がでかいと評判。これぞ土佐のはちきん
我が日曜市の番頭こと横矢裕明おんちゃん/高知市横浜では竹の子掘り名人として有名。ただし永野廣曰く、酒癖の悪さでは、もっと有名人だという。本業は潜水師、かっこイイ!
詳しくは写真をクリック!

腕のいい庭師、岡村至誠(しせい)/腕のいい職人というのは頑固というのがつきもの。気に入った仕事しかしないという昔気質。暇を見つけては土佐湾などで船釣りにいそしんでいます。釣りはプロ級
小型底引き船の船長、久保浩二/土佐湾を駆け巡り多彩な魚貝類を水揚げする名人であるとともに、廣丸の日曜市用の干物もつくっています。だいたい漁師というのは幾多の知識と技術を持っています。ぼうずコンニャクもこの年齢不明の久保船長に聞きたいことがいっぱいあります。酒グセは大丈夫でしょうか?
高知市横浜の浜中間/子供の頃から、横浜の山海を駆け回り、タケノコ堀りに山菜取り、浦戸湾での釣りや漁とみな達人ばかりです。

目次へ