このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「アイゴ」はこちら >>

顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系
スズキ目アイゴ亜目アイゴ科アイゴ属

アイゴ(aigo)

魚介の物知り度

★★★★ 知っていたら達人級

学名 Siganus fuscesdens (Houttuyn)
外国名 英名/Fuscous spine foot,Rabbitfish
同科同属 その他のニザダイ亜目の魚へはここから!
代表的呼び名
漢字・由来 漢字/「藍子」、「阿乙呉」。
由来/アイヌ語で棘のあるイラクサを「あい」という、これからきた言葉。
地方名・市場名

島根県で「アイタロウ」、「アイノウオ」、「ハラタチ」、「ハラフチ」、「ハリタチ」、「ナベワリ」、「メラ」、「メライゴ」、「メラタイ」、「エノハ」、「エーノハ」、「イナゴ」。
沖縄本島(シモフリアイゴ型)でエー、エーグヮー。
沖縄宮古ではアイ、ミャン。
沖縄八重山でエーグワー。
■「アイ(棘)」、「アイノバリ(棘尿)」、「アイボシャ」、「アイハゲ」、「イタイタ」、「イタダイ」、「イバリ」、「ウミアイ」、「エエノウオ」、「エノウオ」、「エノシマ」、「オイシャ(お医者)」、「シャク」、「シャクシャ」、「バリ」、「バリタレ」、「バリコ」、「モクライ(藻喰らい)」、「ヤ」、「ヤンイオ」、「ヨソバリ」、「ヨネスバイ(夜寝小便)」。注/「アイ」は棘、「バリ」は尿。

形態 体長30センチを超える。本州、四国、九州にいるものと、沖縄などにいるシモフリアイゴ型がある。背鰭(せびれ)、尻鰭(しりびれ)に毒のある鋭い棘がある。側扁形(左右に平たい)。本州などのアイゴは白い(細かい)斑紋はあっても大きく少ない。



シモフリアイゴ型。高知県以南。琉球列島ではこちらのタイプの方が多い。体側に白く細かい斑文が散らばる。
生息域 琉球列島を除く、下北半島以南。台湾、西オーストラリア。
沿岸の浅い岩礁地帯。
生態 7月から8月に産卵。雑食性ながら主に海藻類を食べている。
藻場、海藻の生える場所の減少が甚だしいのだが、海藻などを食べるアイゴはその一因とも言われている。
背鰭、尻鰭、腹鰭の棘の両側に毒腺があって刺されると激しく痛む。
一般的評価 アイゴ類は熱帯、亜熱帯、温帯の浅い岩礁域(磯)に生息し、国内では西日本に多い。
背鰭、腹鰭、尻鰭に鋭い棘があり、毒を持っていて、刺されるとひどく痛む。
食用として重要なのは温帯・亜熱帯地域。
アイゴ、熱帯に多いハナアイゴ、そして大型のアミアイゴ、ブチアイゴなど。
中でもアイゴはもっとも北に生息していて、釣りなどで親しまれている。
身質がよく、おいしいのだが、毒を持つこと、磯臭さが強いなど、好んで食べる地域は少ない。
最近では食用としてよりも、雑食性で好んで海藻などを食べるため、磯焼けの原因として有名になっている。
水産基本情報 水産物としての重要度/★★ 地域的な水産物
市場での評価/冬に活けで入荷したものはある程度の値段がつく。野締め(漁のときに死んだもの)は非常に安い。瀬戸内海などでは活けを高値で取引している。またシモフリアイゴ型は食用魚として沖縄では一般的。やや庶民的な値段。
漁法/刺し網、定置網、釣り
産地(漁獲量の多い順)/
ノート ■海藻を食べるので磯焼けの原因動物のひとつとされている。
■「ばり」は小便のこと。臭いからくる呼び名が多い。
■「アイゴの皿ねぶり」、アイゴはうまいので皿までなめるようだ、などという地域もあり、臭くて食べられないという地域ありで、毀誉褒貶(うまいまずい)の激しい魚。
選び方 くすんだ黒っぽい暗い色合いよりも、明るい色のものがいい。腹がエサで満たされていないものがいい。
味わい・栄養 味の評価/★★★=美味(臭いがなければ)
臭いがなければ美味。
背鰭(せびれ)、尻鰭(しりびれ)の棘には毒があるので、さされないように注意。
最初に棘を切り取ってから料理する。
はらわたをつぶさないように下ろすことも大事。
大きなものよりも、小振りの方が味がいいという評価が瀬戸内海などである。
白身魚。身質はタンパク質に富み、水っぽくなく美味。特に冬のものは味がいい。
あえて旬をあげると冬。
卵巣(たまご)、白子(精巣)は美味。各地で好んで食用となっている。
寿司に関しては寿司図鑑へ!
東京での評価は「東京のさかな」へ
調理法 まーす煮、煮つけ、刺身(カルパッチョ)、干物(塩焼き)、唐揚げ
食べ方

まーす煮◆沖縄では塩味で煮る。強火で急激に煮て、水分を飛ばすようにするのがコツ。隠し味に泡盛を入れることも。また豆腐を一緒に煮ると、本体以上に美味でもある。
煮つけ◆やや薄味で煮つける。汁気を残して仕上げる。生姜、沖縄のチョウメイグサ(ボタンボウフウ)などを臭い消し、薬味にしていい。



刺身◆臭みがなく鮮度がいいもの、特に活けは刺身にすると非常に美味。身がしっかりしているので薄作りにする。カルパッチョにしてもいい。鮮度に少々問題あり、というときには韓国酢みそ(コチュジャン、酢、ごま油)で食べると臭みを感じない。
塩焼き(干物)◆美味。磯釣りをする人は、釣れたすぐそばから開いて干していく。
唐揚げ◆無難な料理法、ニンニク・コショウなどをきかせる。



真子・白子の煮つけ◆島根県浜田市などでは卵巣、白子を珍重する。この煮つけ、塩焼きがなかなかうまい。夏が産卵期なので、本体よりもこちらの方が主役となる。
好んで食べる地域 好んで食べるのは岡山県、香川県、西日本各地。岡山県瀬戸内海では高級魚。瀬戸内海沿岸では大型にならないで、20センチ弱の個体が多く、これを活魚として刺身にする。
白子・卵巣/山陰、九州各地などではアイゴの卵巣、白子を食べている。島根県浜田市では卵巣よりも白子が高い。
塩煮(まーす煮)/沖縄では塩煮などで食べられている。
煮つけ/沖縄。
加工品・名産品

アイゴの仲間の稚魚は「すくがらす」といって沖縄県などではアイゴ類の稚魚を塩辛にする。
各地で干物などに加工される。アイゴの干物は美味。
島根県には燻製があり、これは非常に美味。
釣り 磯釣りでの代表的な外道、西日本では本種を対象にもする。浮きづり、オキアミなどの餌。
磯釣りでの代表的な外道、西日本では本種を対象にもする。浮きづり、オキアミなどの餌。
沖縄ではゴマアイゴの外道として釣れる。
参考文献 協力/小渡兵衛さん
『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、広辞苑、『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)、『島根のさかな』(島根県水産試験場 山陰中央新報社)、『魚類学 下』(落合明、田中克 恒星社厚生閣)、『沖縄の漁具・漁法』(沖縄県漁業振興基金  編集沖縄県水産試験場)



関連コンテンツ

サイト内検索

目次