このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「シロカサゴ」はこちら >>
沼津魚市場底引きの食用エビ簡単目次 市場一般名と標準和名 ★は本ページ
市場一般名
標準和名
市場一般名
標準和名
かさご
ユメカサゴ
おにかさご
イズカサゴ
赤かさご
★シロカサゴ
めばる
ウスメバル
赤かさご
アカカサゴ
硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目
スズキ系カサゴ目フサカサゴ科
シロカサゴ亜科シロカサゴ属
シロカサゴ
Setarches guentheri Johnson
他のフサカサゴ科の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★ 知っていたら学者級
食べ方◆煮つけ/刺身/干物/唐揚げ
○美味
市場での評価・取り扱われ方◆底引網のある漁港周辺では食用とされ売られている。産地だけの限定的な流通。値段は安い。
アカカサゴの基本◆
■毒があるかなどは不明だが、漁師さんなどは棘に刺されると、長く痛むという。
■駿河湾では「あかあさご」と呼ばれるが、近縁のアカカサゴと混同しているのかもしれない。
生息域◆東京近海以南。世界中の暖海域。
生態◆150メートル~700メートルの深い海に棲息。
大きさ◆25センチ前後になる
漁獲方法◆底曳網
漢字◆「白笠子(?)」、「白瘡子(?)」。
由来◆赤い色合いのカサゴの意味。
呼び名・方言◆静岡県沼津市沼津魚市場では「あかかさご」、もしくは単に「かさご」。
釣り◆調べているところ
◆食べてみる◆
 やや水っぽくて軟らかい。
 肝とともに煮つけにするとなかなか美味。
 刺身はもの足りない。これも肝を使うといいと思われる。
 他には干物、唐揚げにしていい。
寿司に関しては寿司図鑑へ!
●静岡県沼津市戸田トロール。沼津魚市場。
同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
シロカサゴ、アカカサゴの見分け方
シロカサゴ
鰓蓋(えらぶた)の後方にと棘が張り出している。この上部の棘が同じように3本並んでるのがシロカサゴ。
アカカサゴ
鰓蓋(えらぶた)の後方にと棘が張り出している。まん中が欠けて2本長いのがアカカサゴである。ほかにも違いはあるものの、ここを見るのがいちばん手っ取り早い



関連コンテンツ

サイト内検索

目次