ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

テングハギ(Bluespine unicornfish)

学名:Naso unicornis (Forsskål, 1775)

テングハギの形態写真

体長60cm前後になる。前頭部に角状の突起があり、尾柄部の板状の骨盤は青い。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目ニザダイ亜目ニザダイ科テングハギ属
    外国名
    Bluespine unicornfish
    学名
    Naso unicornis (Forsskål, 1775)
    漢字・由来
    漢字 天狗剥
    由来・語源 神奈川県江ノ島での呼び名。皮を剥いで料理する「かわはぎ」のひとつで目の前方に天狗の鼻を思わせる突起物がある。倉場富三郎の『日本西部及び南部魚類図譜(グラバー図譜)』(倉場富三郎 長崎大学附属図書館 web版)にもテングハギ。
    地方名・市場名
    沖縄本島、八重山でチヌマン。
    沖縄宮古でジュジュマスイ、マブユ。
    アシナカデンボオ、キツネハギ、ツヌマン、ツノハゲ、ツノマル、テング、テングハゲ、ハゲ。
    生息域
    海水魚。岩礁域、サンゴ礁域。
    青森県下北半島〜九州南岸の太平洋沿岸、伊豆諸島、小笠原諸島、日本海各地、屋久島、琉球列島、尖閣諸島、南大東島。朝鮮半島南岸、台湾、東沙諸島、西沙諸島、南沙諸島、インド-太平洋。
    生態
    基本情報
    主に伊豆諸島、小笠原諸島、鹿児島県、沖縄で水揚げが多い魚。
    沖縄では味のよいことから人気が高い。
    水産基本情報
    市場での評価 関東などには稀に入荷してくる。比較的安い。主に鹿児島県、沖縄では人気の食用魚でやや高値。
    漁法 定置網、刺突漁
    産地 沖縄県
    選び方
    味わい
    旬は秋から春
    皮は革状で非常に丈夫で表面がざらざらしている。骨はあまり硬くない。
    透明感のある白身で血合いは弱い。熱を通しても硬く締まらない。
    ニザダイなどと比べて臭味がない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法
    生食(刺身、カルパッチョ、セビチェ)、汁(みそ汁)、煮つけ、塩焼き、ソテー(ムニエル)

    テングハギの刺身刺身
    刺身は食感がよくうま味が豊かで美味。
    テングハギのみそ汁みそ汁
    みそ汁はいいだしが出て、身にも甘みがある。
    テングハギの煮つけ煮つけ
    頭部を煮つけにしたもの。身は煮ても硬く締まらず、身離れもいい。身には甘みがある。
    テングハギの腹の塩焼き塩焼き
    腹の部分は脂が強く焼くと内部から染み出してきて揚げたようになる。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本西部及び南部魚類図譜(グラバー図譜)』(倉場富三郎 長崎大学附属図書館 web版)、『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「テングハギ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ