ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ミヤコテングハギ(Orangespine unicornfish)

Scientific Name / Naso lituratus (Forster, 1801)

ミヤコテングハギの形態写真

体長40cm前後になる。テングハギ属だが額部分に角状の突起がない。背鰭の縁部分は透明。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目ニザダイ亜目ニザダイ科テングハギ属
    外国名
    Orangespine unicornfish
    学名
    Naso lituratus (Forster, 1801)
    漢字・由来
    漢字 宮古天狗剥、都天狗剥
    由来・語源 漢字は不明ながら上記の2つが考えられる。沖縄県宮古島からと、派手な姿から「都」をつけたかだろう。
    地方名・市場名
    アカジュウカーミー/沖縄宮古
    アカジュウカアミ/沖縄宮古
    ハーサーチヌマン/沖縄本島
    ヒレーカ/沖縄八重山
    生息域
    海水魚。岩礁域、サンゴ礁域。
    伊豆諸島、小笠原諸島、火山列島、沖ノ鳥島、神奈川県横須賀、伊豆半島西岸、和歌山県白浜・串本、高知県柏島、香川県仁尾、屋久島、琉球列島、南大東島、尖閣諸島。済州島、台湾、東沙諸島、西沙諸島、南沙諸島、インド-モーリシャス諸島以東・イースター島を除く太平洋域。
    生態
    基本情報
    沖縄県では食用魚。
    上質の白身で多彩な料理に使われている模様。
    水産基本情報
    市場での評価 主に沖縄県などで食べられているために、流通も沖縄県が主だと思われる。あまり高価ではない。
    漁法 追い込み漁
    産地 沖縄県
    選び方
    触って張りのあるもの。しっかりと硬いもの。色あせていないもの。
    味わい
    旬は不明
    クセのない白身で歩留まりがいい。
    鱗は絨毛状で布のように皮と一体化している。剥ぐのは簡単。骨はあまり硬くない。
    透明感のある白身で血合いが小さい。熱を通しても硬く締まらない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    生食(刺身)、煮る(煮つけ)、揚げる(唐揚げ)、ソテー(バター焼き)

    ミヤコテングハギの煮つけ煮つけ 皮を剥ぎ、一度湯通ししてから煮たもの。上質の白身で煮ても硬くならず、甘味が感じられて美味。
    ミヤコテングハギの唐揚げ唐揚げ 切り身に片栗粉をまぶしてかりっと揚げたもの。薄皮が香ばしく、揚げても身が縮まない。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/崎原さしみ店(石垣市)
    沖縄水産試験場 沖縄で漁獲される主要魚の名称一覧表、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「ミヤコテングハギ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ