ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

タラバガニ(英名/King crab,Alaska king crab,Red king crab)

学名:Paralithodes camtschaticus (Tilesius,1815)

タラバガニの形態写真

甲幅25センチほどになる。脚はかん脚も含めて外見上は8本。実は10本で1対の小さな脚が甲羅の下に隠れている。雄は足が長く太い。雌はやや足が短い。全体をトゲが覆っている。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    知らなきゃ恥

    ★★★★

    重要水産物

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目異尾下目タラバガニ科タラバガニ属
    外国名
    英名/King crab,Alaska king crab,Red king crab
    学名
    Paralithodes camtschaticus (Tilesius,1815)
    漢字・由来
    漢字 「鱈場蟹」。
    由来・語源 昔、マダラの延縄漁によくかかってきた。マダラの棲息する深海にいるカニという意味。
    カタカナでタラバガニと書くと標準和名だが「たらばがに」「鱈場蟹」と書くと本来は一般名称だ。例えばズワイガニを「たらばがに」ということもあればベニズワイをさすこともあった。すなわち「鱈場」=「マダラのいる場所(マダラの釣れる場所)」=「深い海底」という意味合いがある。その「鱈場」にいるカニもしくは異尾類のことをさす言葉でもある。
    地方名・市場名
    市場では単にタラバ。
    北海道釧路では未成体カニをアンコ、さらに小さいものをクラッカと呼ぶ。
    生息域
    海水生。北海道周辺。オホーツク海、カムチャッカ、ベーリング海、アラスカ沿岸の北極海。
    北海道では水深30メートル(産卵期)〜360メートルに生息。
    北にいくほど生息水深が浅くなる。
    生態
    ■ 4月から6月に浅場で産卵する。
    ■ カニが持つ交尾器はなく、雄の第5脚(甲羅の下にある細く小さな脚)、雌の第3脚の付け根に生殖孔を持つ。雌の脱皮を待ち、第5脚の付け根から紐状になった精子(精紐)たぐりだし、この精紐にある精包を受け渡す。
    ■ 交尾した雌は、卵を腹肢(ふんどしの裏側にある)に産みつける。
    ■ ゾエア幼生で生まれて、グローコテ幼生期を経て稚蟹となる。
    ■ 稚蟹期は浅場にいて、成長するにしたがい深場へと移動する。
    ■ 一年後孵化し、プランクトン幼生期をへて稚ガニになる。
    ■ 成熟した親ガニは4月〜6月に脱皮。
    ■ 1年で甲長8.2ミリ、2年で甲長24ミリ、3年で甲長50ミリ、4年で甲長72ミリ、5年で甲長85ミリ、6年で甲長100ミリになる。甲長20センチになるには16年〜17年くらいかかる。
    基本情報
    タラバガニ類総論
    タラバガニの仲間はエビとカニの中間的なもの。
    異尾下目にはヤドカリやアナジャコなどがあるが漁業対象となっているのはタラバガニのみ。
    大型になるものは深海に生息する物が多く。
    世界中に多種類のタラバガニの仲間がいて漁獲されている。
    国内で主に食べられているのはタラバガニ、アブラガニ、ハナサキガニ、イバラガニモドキの4種。
    なかでももっとも多く重要なものがタラバガニである。
    タラバガニの仲間はサワガニやズワイガニなどの短尾下目ではなく、ホンヤドカリ、ヤドカリなどと同じ異尾下目である。外見的にはハサミを含めると脚の数は8本であり、最後尾の脚は細く小さく甲羅の中に隠れていて鰓などの掃除をするなど、こっそりと大活躍している。
    本種タラバガニについて
    鱈場、すなわちタラが釣れるような深い場所にいて、タラ釣りに混ざることからこの名がある。
    味がよく大きくなるので、カニ(短尾類)ではないがカニの王様(キングクラブ)と呼ばれている。
    国内だけではなく海外でも人気があって、古くは缶詰に加工して外貨を稼いでいたことがある。
    国内での産地は北海道。
    国内産だけでは需要をまかないきれず、ロシア、アメリカなどから輸入している。
    高価なために普段気軽に食べるというのは難しく、むしろ年末年始の商材となっている。
    暮れになるとスーパーなどでも冷凍ものが山積みされて、師走の風物詩ともなっている。
    タラバガニとアブラガニの見分け方
    タラバガニのトゲタラバガニのトゲ 甲羅中心部やや後方、心域に6つのトゲがある。希に4つあるものもある。アブラガニは4つ。
    アブラガニのトゲアブラガニのトゲ アブラガニは甲羅の中央部にあるツボ型のふくらみにトゲが4つ
    このトゲの数で見分けるのがいちばん簡単。ただし北海道区水産研究所の「NEWS LETTER」に300体に15体ほどこの部分の棘が5~6のものがでるとある。どうしてもアブラガニを見分けたかったら、棘を確認して、その上で裏側も見る必要がある模様。できればタラバは6個だとしてアブラガニが6個になる比率が知りたい
    タラバガニの脚裏タラバガニの脚の裏 タラバガニの足には裏側にも色素(褐色の濃い部分)がある。アブラガニにはほとんどない。
    アブラガニの脚裏側アブラガニの脚裏側 アブラガニには裏側脚にはほとんど色素がない
    茹でアブラガニの裏側タラバガニの脚の裏 ゆでると足の裏の色素が赤くなる。アブラガニの足の裏側の赤い色素はわずかしかない。これでゆでガニでも2種類のカニの見分けがつく
    水産基本情報
    市場での評価 雄が高価で、雌が安い。活け、ゆでたもの、冷凍などで年中見かける。値段は国産は非常に高く。輸入ものでも雄で大きければ高い。
    漁法 カゴ漁/刺し網
    代表的な産地 輸入原産国はアメリカ、ロシア、カナダ。国内では北海道
    ■ 古くは北海道のマダラ延縄量で混獲されていた。20世紀の初頭から刺し網などで専門にとるようになった。
    ■ 流通するタラバガニ科はタラバガニ、アブラガニ、ハナサキガニの3種。その他は少ない。
    選び方
    脚を触って硬いもの。冷凍ものは持って重く感じるもの。活けは体液の出ているもの、ほとんど動かないものは避ける。
    味わい
    旬は秋から冬 脱皮したては水っぽく、秋から冬にかけて鰺がいい。
    主に脚の筋肉を食べる。
    蒸すかゆでるかして食べる。
    太い縒りをいれた木綿糸を何本も束ねたような棒状の身がとれる。
    これを口にいれるとほどよくほぐれて、甘みを出す。
    そこにカニらしい風味があって、非常にバランスのいい味わいができている。
    タラバガニにはほとんどミソ(肝膵臓)がなく、内子は美味であるが、外子はまずい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法
    蒸す、ゆでる、焼く、鍋、軽く湯引きする、洗いにする
    本種にはケガニのようにミソ(肝膵臓)がほとんどない。
    大きいのでなかなか家庭用の鍋や蒸し器に入らないことが多い。
    調理するときには甲羅を外して、脚を左右に割り、20分前後蒸すのが簡単。
    ゆでるときはやや多めの塩で約20分前後ゆでる。
    甘味があり、ほっくりした身質で非常に美味。
    大量に食べても飽きがこない。これをしてカニの王と言われるゆえんかも知れない。
    市場では雄・雌がしっかり明記されて売られているが、味の点では段違いにオスに軍配があがる。
    焼きがになど最近は料理方法も多様化している。鍋材料ともなる。
    蒸す 大きいのでなかなか家庭用の鍋や蒸し器に入らないことが多い。
    調理するときには甲羅を外して、脚を左右に割り、20分前後蒸すのが簡単。
    ゆでる ゆでるときはやや多めの塩で約20分前後ゆでる。
    甘味があり、ほっくりした身質で非常に美味。
    大量に食べても飽きがこない。これをしてカニの王と言われるゆえんかも知れない。
    焼きタラバガニ
    焼く ちょっと贅沢な気分を味わえるのが焼きガニ。
    できれば炭火をおこして焼きながら食べたい。タラバガニの旨みを凝縮させて、身の中の旨みと塩気だけで楽しむもの。
    タラバガニの鍋
    原則的に生を使用する。非常に濃厚なカニの風味いっぱいのだしが出る。
    最後の雑炊は絶対に外せない。
    刺身 刺身は生のまま、包丁で殻を剥き、軽く氷水のなかで振る。
    確かに面白いのだけど、むしろしゃぶしゃぶにして熱を通した方がうまい。
    好んで食べる地域・名物料理
    日本全国。
    加工品・名産品
    缶詰、ゆでタラバ、ゆでるか蒸してむき身としたもの
    カニ缶詰 1881年(明治14年)に第2回内国勧業博覧会に出品されたのが最初とされる。
    冷凍ドレス 冷凍で流通しているもの。生とゆでたものがある。
    内子 内子を瓶詰めにしたもの。
    たらばがにラーメン タラバガニのエキスを練り込んだ麺のラーメン。『なみかわ製麺(北海道紋別郡湧別町)』
    釣り情報
    北海道日本海側ではマダラの延縄、一本釣りであがるという。
    歴史・ことわざ・雑学など
    ■暮れが来ると様々なタラバの加工品が市場を賑わせる。その多くがロシア、アラスカなどからの輸入物であり、国産のものは少ない。いちばん多いのが蒸して冷凍したもの。ゆでて丸のままで冷凍したものより、脚だけの方が質も値段も上である。また生で冷凍した脚は、ゆでたものよりもうまいのではないかと思うが、ともっとも高価なのものだ。
    ■アブラガニをタラバガニと偽って販売されていたことがある。
    ■国内でとれる量は非常に少なくなり、国内に出回るほとんどが輸入されたものとなっている。
    ■昔は缶詰になって流通していた。我が国ではもっとも有力な産業、輸出産品だった。小林多喜二の『蟹工船』のカニはタラバガニである。
    参考文献・協力
    『原色日本大型甲殻類図鑑』(三宅貞祥 保育社)、『新北のさかなたち』(水島敏博、鳥澤雅他 北海道新聞社)、『釧路の魚と漁業』(釧路叢書)
  • 主食材として「タラバガニ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ