ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

イガグリガニ

学名:Paralomis hystrix (De Haan, 1844)

イガグリガニの形態写真

甲長16cm前後になる。全身が強い棘で覆われている。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目異尾下目タラバガニ科エゾイバラガニ属
    外国名
    学名
    Paralomis hystrix (De Haan, 1844)
    漢字・由来
    漢字 毬栗蟹
    由来・語源 姿形が毬栗(いがぐり)に似ているため。
    地方名・市場名
    生息域
    海水生。水深180メートル〜400メートル。
    東京湾、相模湾、駿河湾、遠州灘、熊野灘、南紀、薩南海域、天草灘。
    生態
    放卵期は11月〜12月。
    基本情報
    底曳き網や底刺し網に混ざるもの。
    あまり利用されていない。
    とれるときには2匹オスメスでとれることがあるようで、このカニ夫婦仲がよろしいよう。
    水産基本情報
    市場での評価 希に入荷する。安い。
    漁法 刺し網、底曳き網
    産地 千葉県、静岡県、三重県
    選び方
    原則的に生きているもの。持って重みを感じるもの。
    味わい
    旬は不明
    全身棘だらけで殻はやや硬め。
    身はあまり詰まっていない。
    熱を通しても赤くならない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    ゆでる
    茹でイガグリガニ
    ゆでる 塩ゆでにして、案外身が詰まっている。ほどよく締まった身で甘味がある。なかなか美味である。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    蒸したり、茹でて食べると味はよい。味はよいのだけれど、難点は全身に生えている鋭い刺。この痛みを堪えながら味わうのがなんだか面倒でもある。
    参考文献・協力
    『相模湾産深海性蟹類』(葉山しおさい博物館)
  • 主食材として「イガグリガニ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ