ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ヒラアシエゾイバラガニ

学名:Paralomis cristata Takeda et Ohta,1979

ヒラアシエゾイバラガニの形態写真

殻長15cm前後ある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目異尾下目タラバガニ科エゾイバラガニ属
    外国名
    学名
    Paralomis cristata Takeda et Ohta,1979
    漢字・由来
    漢字 平脚蝦夷棘蟹
    由来・語源 脚(あし)が扁平で、エゾイバラガニに近い種という意味。
    地方名・市場名
    生息域
    海水生。駿河湾の水深780メートル~800メートルでとれる。
    生態
    基本情報
    種としての記載は1979年と新しく発見されたもの。
    ほとんど取れることのない珍種。
    水産基本情報
    市場での評価 流通しない。
    漁法 カゴ漁
    産地 静岡県
    選び方
    味わい
    旬は不明。
    殻は硬く棘が鋭い、身が詰まっている。
    みそに微かに臭いがあるが、ほとんど気にならない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 焼く、蒸す、刺身
    焼く◆強火で焼き上がると甘味、うま味が凝縮して実に味がいい。
    蒸す◆身が締まっていて水分が少ない。甘味が強くて実に美味しい。
    刺身◆殻を剥いて氷水で締める。生でも甘味があり、身がほどよい硬さをしている。
    蒸したヒラアシエゾイバラガニ蒸す◆身が締まっていて水分が少ない。甘味が強くて実に美味しい。
    ヒラアシエゾイバラガニの刺身刺身◆殻を剥いて氷水で締める。生でも甘味があり、身がほどよい硬さをしている。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
  • 主食材として「ヒラアシエゾイバラガニ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ