ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

メンコガニ

学名:Cryptolithodes expansus Miers,1879

メンコガニの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
甲長42cm前後になる。甲の色は変化に富む。甲長42cm前後になる。甲の色は変化に富む。甲長42cm前後になる。甲の色は変化に富む。

メンコガニの形態写真

甲長42cm前後になる。甲の色は変化に富む。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    食べられなくはない
    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目異尾下目タラバガニ科メンコガニ属
    外国名
    学名
    Cryptolithodes expansus Miers,1879
    漢字・由来
    漢字 面子蟹
    由来・語源 面子(めんこ)は鉛、陶器、紙などでできている子供の遊び道具で、お互いにぶつけ合ったり。ぶつけて飛ばしたり、地面に打ち付けた風力で相手方の面子を裏返したりするもの。この面子に似たカニという意味合い。
    面子 古くは泥を焼いたものもあった。紙などを丸く切り、地面などに1枚おき、同じ面子を打ち当ててその風力で裏返しにすると、裏返しにしたものを取ることができる。昭和30年代(1950-60年代)にはテレビのヒーローや野球選手など様々な絵柄のものがあった。甲殻類の形態をいうなら古い泥面子からくるのではないかと思う。
    地方名・市場名
    生息域
    海水生。水深45-60mの砂地。
    富山湾、紀伊半島以北、函館湾まで。
    生態
    基本情報
    ミズダコのカゴ漁に混ざってとれたもの。福島県いわき市久ノ浜では食用にはしないという。珍しいものではないようだが、とても可愛らしい。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    福島県いわき市久ノ浜産
    『大型甲殻類図鑑Ⅰ・Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)
  • 主食材として「メンコガニ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ