このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「テングダイ」はこちら >>
特徴を書くまでもないが、注意深く見ると下あごに口ひげが生えている。偉そうな顔つきなのだ。
硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系
スズキ目スズキ亜目カワビシャ科テングダイ属
テングダイ
Evistias acutirostris (Temminck and Schlegel)
他のカワビシャ科の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★★ 知っていたら達人級
食べ方◆刺身/塩焼き/
ムニエル/フライ/煮つけ
◎非常に美味
大きさ◆50センチ前後になる
生息域◆南日本の沿岸、小笠原諸島。南半球中・西部太平洋。
生態◆水深40メートルから250メートル。
■秋から冬にかけて抱卵しているものを見かける。
市場での評価・取り扱われ方◆市場には希に入荷する。一定の評価はないがやや高値。
テングダイの基本◆
■魚屋、魚に力を入れているスーパーなどの格好の飾り物となっている。
漁獲方法◆定置網
漢字◆「天狗鯛」。
由来◆神奈川県三崎地方での呼び名。天狗のように口(ばし)が出ているため。
呼び名・方言◆
■三重県尾鷲市では「キンチャク」。
「アブラウオ」、「シモワサナベ」、「ネコノヘド」、「ハタヒシャ」、「マンザイダイ」、「ヨコジマ」。
釣り◆調べているところ。
◆食べてみる◆
 秋から冬にかけてが旬。
 皮は引くのではなく包丁で「すき引く」。
 鱗がしっかりして真皮に厚みがあるので、「すき引く」のは簡単だ。
 刺身は旬ならとても美味。時期でなければ、「すき引き」したままで皮目を焼き、焼霜造りに。
 忘れてはならないのが、背鰭の担鰭骨についた縁側。旨味が強く食感もいい。
 塩焼き、煮つけ、フライ、ムニエル、唐揚げにしてもうまい。
寿司に関しては寿司図鑑へ!
同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
参考/『一日一魚』(岩田昭人)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
■私見
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
これは関東に流通してきたもの。とれたてはもっと透明感があって美しい。旬には脂がのり、旨味も充分。手前が縁側。



関連コンテンツ

サイト内検索

目次