このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ベイカ」はこちら >>
非常に小型で胴が丸みを帯びて、また耳(鰭)も丸い。
●岡山県産
軟体動物門頭足綱ツツイカ目閉眼亜目
ヤリイカ(ジンドウイカ)科ジンドウイカ属
ベイカ
Loliolus (Nipponololig) beka Sasaki,1929
他のツツイカへはここから!
魚貝の物知り度/★★ 知っていたら達人級
食べ方◆煮物/塩ゆで(酢の物、和え物)
○美味
大きさ◆外套長(胴の長さ)8センチ前後になる
生息域◆瀬戸内海、有明海、東シナ海沿岸。
生態◆
低塩分の汽水域に生息。
春から夏に産卵する。
市場での評価・取り扱われ方◆流通することは少なく、主に産地のみでの消費。値段はやや高め。
ベイカの基本◆
木の芽和えは岡山県では郷土料理のひとつ。ひな祭りの膳にのぼった。
子持ちを珍重する。「子持ちべか」。
漁獲方法◆底曳網(ベイカこぎ網漁)/すくい網/四つ手網
漢字◆「紅烏賊」、「米烏賊」。
由来◆「紅烏賊」は色合いから。「米烏賊」は卵の味わいを喜ぶので。
呼び名・方言◆
岡山県では「ベカ」、「チイチイイカ」。
釣り◆
イカスッテを使い延べ竿を使い浅場で釣る。小エビエサで釣る。
◆食べてみる◆
 ゆでて柔らかく、甘味がある。
 これを木の芽和えや、酢の物にしてうまい。
 あっさりと醤油で甘辛く煮てもいい。
寿司に関しては寿司図鑑へ!
参考/『岡山の漁業』(西川太)・『岡山の味風土記』(岡長平)・『岡山ふだんの食事』(鶴藤鹿忠)(3点とも岡山文庫)
同定/『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)
●協力/武内立爾
■私見
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
●本サイトの無断転載、使用を禁止する



関連コンテンツ

サイト内検索

目次