このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ヤナギダコ」はこちら >>
頭足綱八腕目マダコ科 ヤナギダコ Octopus conispadiceus
他のタコの仲間にはここから!

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
魚貝の物知り度/★★
■市場では入荷はすくないもの。
茹でダコ
 三陸から北海道まで棲息と『日本近海産貝類図鑑』にある。ただ現実には銚子、茨城、福島でもとれている。福島などではもっとも量の多いタコであり、産業的にも重要。
 主に茹でだこになって関東など市場に入荷してくる。
 漢字では「柳蛸」。
 福島県南部いわき市では「やなぎだこ」、北部相馬市原釜では「あまだこ」と呼ばれる。またいわき市で「やなぎだこ」と呼ばれるのはヤナギムシガレイと同じ場所で上がるからだという。
■マダコと比べるとやはりタコの香りというか風味が薄くてやや落ちる。ただマダコよりも柔らかいので、むしろマダコよりもうまいという向きもあるだろう。
 福島県は本種の水揚げの多いところで港港にヤナギダコを茹でる水産会社がある。この茹で上がりを買ってくるのはお土産としてもおすすめできる。
寿司に関しては寿司図鑑へ!
●福島県相馬市松川浦漁港



関連コンテンツ

サイト内検索

目次