このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「エゾボラモドキ」はこちら >>
特徴/色合いは明るい茶が多い。形は様々。殻高の高いもの、丸いもの。螺肋(貝殻にある筋)は太いもの、細いものがあり、比較的目立たない。関東では北海道からのものに多い
腹足綱前鰓亜綱真腹足目
エゾバイ科エゾボラ属
エゾボラモドキ
Neptunea intersculpta
他のエゾバイの
仲間へはここから!

北海道噴火湾産
北海道噴火湾(樽前)産
島根県隠岐諸島周辺。境港産
物知り度/★★ 知っていたら達人級
市場での評価・取り扱われ方◆関東の市場にもときどき入荷する。市場ではBつぶ、値段はやや安い
生息域◆茨城県、京都府以北の深海に棲息する。
大きさ◆ 殻長(貝殻の高さ)15センチ前後になる
漢字◆「蝦夷法螺擬」。
呼び名・方言◆北海道噴火湾では「真つぶ(まつぶ)」、厚岸、釧路では「B つぶ」。
エゾボラ属のA、Bは「A つぶ」=「エゾボラ」、「Bつぶ」はエゾボラモドキを中心にエゾボラ以外と考えていいかも?
島根県隠岐諸島、鳥取県境港、鳥取県岩美町などでは「赤ばい」。
食べ方◆ 刺身/焼き物/煮つぶ
注意◆身足の付け根、唾液腺にテトラミンという毒性分を持っている。食べるときには取り除くこと

 関東への入荷も多い方でただ単に「つぶ」と呼ばれている。形態的に近縁のチヂミエゾボラ、コエゾボラモドキなどと酷似している。産地や水深などによってかなり形に変化があり、同定は困難。
◆食べてみる◆
 身色などもっとも「真つぶ(エゾボラ)」に近い。刺身の味わいはとてもいい。他に煮物、焼き物などに使える。
身の取り出しかたなど刺身の作り方はここから!
寿司に関しては寿司図鑑へ!
●同定には『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、
『北の貝の仲間たち』(樋口滋雄)を主に使用した
●本サイトの無断転載、使用を禁止する



関連コンテンツ

サイト内検索

目次