このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ムラソイ」はこちら >>
形態◆身体の上方部に顕著な斑紋がなく、褐色で目立たない。身体の下方に黒い斑紋が散らばる。
フサカサゴ科について◆
熱帯・温帯域に388種。
食用種にメバル、イズカサゴ、カサゴ、キチジ(キンキ)、ユメカサゴなど多数。
メバル属について◆
国内に37種。
「メヌケ」、「メバル」、「ソイ」などの魚名語尾がある。
総てが食用魚。
ムラソイ4亜種について◆
ムラソイ、ホシナシムラソイ、オウゴンムラソイ、アカブチムラソイの4亜種に分かれる。
将来的にムラソイ、ホシナシムラソイが1種に、オウゴンムラソイ、アカブチムラソイが1種になる可能性がある。
硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系
カサゴ目フサカサゴ科メバル属
ムラソイ
Sebastes pachycephalus pachycephalus
Temminck and Schlegel
他のメバル属の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★★ これを知っていたら達人級
食べ方◆煮つけ/塩焼き/干物/刺身
○美味
大きさ◆30センチ前後になる。
生息域◆千葉県勝浦以南。釜山、中国沿岸。
生態◆
浅い岩礁域に生息。
卵胎生で春から初夏に仔魚を産む。
●3亜種共通
市場での評価・取り扱われ方◆入荷は少ない。値段は安い。
漁獲方法◆釣り/刺し網
漢字◆「むら曹以」。
由来◆調べているところ。
呼び名・方言◆
「ゴマカシ」、「ナツバオリ」、「モブシ」。
島根県では「クロボッコ」、「ヒキ」。
●3亜種共通
釣り◆
■浅場、船での餌釣り(サバ短冊、イカ短冊)。
■磯のぶっこみ釣り。
■ルアーの対象魚。
●3亜種共通
◆食べてみる◆
 鮮度がよければ刺身にもなる。皮目を直火であぶる「焼き切り」にも向いている。旨味は皮下にある。
 塩焼き、煮つけはもっとも向いている料理法。
 鍋物、みそ汁にしても美味。
 洋風にポワレ、ブイヤベース、アクアパッツァにも向いている。
●3亜種共通
寿司に関しては寿司図鑑へ!
同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
参考/『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『島根のさかな』(島根県水産試験場 山陰中央新報社)
■私見
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
●本サイトの無断転載、使用を禁止する



関連コンテンツ

サイト内検索

目次