このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「アヤメカサゴ」はこちら >>
硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系
カサゴ目フサカサゴ科カサゴ属
アヤメカサゴ
Sebastiscus albofasciatus (Lacepede)
他のフサカサゴ科の魚へはここから!
物知り度/★★ 知っていたら達人級
食べ方◆鍋/ブイヤベース/アクアパッツァ/潮汁/
煮つけ/塩焼き/唐揚げ/刺身
カサゴと変わらないが味はやや劣る
市場での評価・取り扱われ方◆カサゴと区別されないで流通。値段はカサゴとあまり変わらず高い。
生息域◆千葉県県以南、佐渡以南に棲息。
生態◆卵胎生。水深30~100メートル前後の沖合に棲息する。
大きさ◆30センチ前後になる
漢字◆「文目瘡魚」「文目笠子」、。
由来◆
「文目」、すなわち筋状の文様のあるカサゴの意味?
呼び名・方言◆長崎県では「あらかぶ」

 九州からの入荷が多い。色合いも美しく、当然カサゴの仲間なので高値で取り引きされる。
 味わいはカサゴよりやや劣るが値段がいいのは見た目の美しさからだろうか? 派手すぎてダメだという人も多い。
◆食べてみる◆
 もっとも適した食べ方は汁を使う煮つけや鍋物。
 塩焼き、唐揚げなども美味。
 鮮度さえよければ刺身もうまい。皮をつけたまま湯引きか、焼き霜(強火の直火で短時間に皮目を焼く)にすると、皮と身の間のゼラチン質がプリンと透明な層を作り、またここに旨味も凝集される。
寿司に関しては寿司図鑑へ!
参考/『魚と貝の事典』望月賢二 柏書房
同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版)
●本サイトの無断転載、使用を禁止する



関連コンテンツ

サイト内検索

目次