このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「クロウシノシタ」はこちら >>
カレイ目ウシノシタ科タイワンシタビラメ属 クロウシノシタ Paraplagusia japonica
他のウシノシタ亜目の魚にはここから!

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
物知り度/★★★
■ウシノシタ科のなかでは入荷量の多いもの
ムニエル/刺身/スープ(フィメ・ド・ポアソン)/煮つけ
 北海道小樽から南シナ海まで棲息。
 産卵期は夏で春から夏が旬ではないか?
 アカシタビラメと上から見るとほとんど区別がつかない。市場ではシタビラメの仲間は総べて裏返して並べられている。それで背ビレ、尻ビレが黒いことで見分けることが可能だ。また良く見ると口の回りに棘状の突起がある。
■アカシタビラメと使い方はほとんど同じ。やはりムニエルはうまい。小型のものは唐揚げ、干物にもなる。また産地ではときに刺身で食べられるがこれも味わい深い。皮がうまいので捨てないで唐揚げにしたい。
また最近、大分県などから〆て入荷することがあり、これなど刺身にもできる。しっかりした歯ごたえのある白身で噛み締めると旨味がある。
寿司に関しては寿司図鑑へ!
昆布締めの寿司に関しては寿司図鑑へ!
→口にひげ状の突起がある



関連コンテンツ

サイト内検索

目次