このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「イセエビ」はこちら >>
◆食べてみる◆
 その昔、洋食の世界ではエビフライのエビは本種であったという(『たいめいけんよもやま噺』から)。だからエビフライはもっとも高価な品書きだった。これは試してみたいが、いまだ果たせていない。
 まあ月並みにうまい料理法はイセエビを2,3匹ぶつ切りにしてのみそ汁だと思う。
 茹でたものが一般的だが、これも美味。
 半割にしてソテー、塩焼きにしても美味。
 刺身は値段からするとややもの足りない。
 他には中華料理、フランス料理にも向いている。

寿司に関しては寿司図鑑へ!
参考/『原色日本大型甲殻類図鑑』(三宅貞祥 保育社)、『河岸の魚』(町山清 国際商業出版)、『たいめいけんよもやま噺』(茂出木心護 旺文社文庫)
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
腹部節中央部には白い斑点がない
甲殻綱十脚目イセエビ下目イセエビ科イセエビ属
イセエビ
Panulirus japonicus (Von.Seibold,1824)
イセエビ科の他のエビにはここから!
魚貝の物知り度(一般的には)/
★★★★★これ知ってなきゃハジ
魚貝の物知り度(現実的には)/
★★ 知っていたら達人級
食べ方◆みそ汁/ゆでる/
焼く(グリル、ソテー)/刺身
伝統料理◆鬼がら焼き(つけ焼き)/具足煮(煮つけ)
◎非常に美味
市場での評価・取り扱われ方◆産地は千葉県、静岡県、三重県、和歌山県、長崎県などが多い。入荷は少なくない。超高級エビ。
イセエビの基本◆
■シーボルト(1796〜1866)が自ら集め、オランダに持ち帰り、新種記載したもの。
■祝儀など晴の日に欠かせないもの。
■正月飾りに使われる。
関東では「鎌倉えび(かまくらえび)」と呼ばれていた。
甲羅が硬く鎧(具足)をつけた武士のように見えるので、縁起物として使われる。
古く「海老フライ」はイセエビで作られていた。
「海老茶(えびちゃ)」というのはイセエビに似た濃い赤紫に黒みをおびたもの。明治大正期に女学生の袴の色として流行した。
生息域◆茨城以南の太平洋側、韓国、台湾などにも棲息している。
生態◆
浅い岩礁に棲む。
産卵期は初夏から秋。
孵化したものがフィロゾーマ幼生で1年ほどプランクトン(浮遊)生活を送る。
プエルルス幼生となって着底する。
発音器を持っており、陸上にあげると「クク・クク」と音をたてる。
大きさ◆体長30センチを超える
漁獲方法◆刺し網
漢字◆「伊勢蝦」、「伊勢海老」。
由来◆伊勢湾でたくさんとれたため。
呼び名・方言◆調べているところ。
釣り◆磯釣りなどの外道として釣れる。


関連コンテンツ

サイト内検索

目次