ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

タチウオ

一般的な意味での「タチウオ」についてのまとめページです。
標準和名「タチウオ」のページはコチラになります。

「タチウオ」と呼ばれるもの一覧

印は「タチウオ」ですがそれ以外はタチウオの仲間ではありません。

  • アカタチ

    海水魚。大陸棚砂泥地。 新潟県〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、相模湾〜九州南岸の太平洋沿岸。韓国木浦、台湾、広東省・広西省、海南島、インドネシアフロレス島。底曳き網などでとれるもので、産地周辺でのみ利用されているもの。食べ方に工夫を要するので余計に産地だけでの流通になるようだ。実際に食べてみると美味しい魚なので、地域・・・
    アカタチのページへ
  • オキナワオオタチ

    海水魚。大陸斜面上部水深200メートル前後。 屋久島南部近海、奄美大島北部近海、沖縄島近海。屋久島以南で上がる大型のタチウオで沖縄県では一般的な食用魚。沖縄でタチウオというと本種かテンジクタチである。
    オキナワオオタチのページへ
  • タチウオ

    海水魚。大陸棚。 北海道〜九州南岸の日本海・東シナ海・太平洋、瀬戸内海。東シナ海大陸棚、渤海、黄海。年間を通して味がよく、人気の高い魚。 スーパーでも切り身でパック詰めされて売られていて、塩焼きに、煮つけに、ムニエルにと一般家庭でもよく利用されている。 この人気からか東南アジアなどから近縁種を冷凍輸入している。
    タチウオのページへ
  • タチモドキ

    海水魚。成魚は低層遊泳性・水深230〜1100、幼魚は中層遊泳性。 北海道奥尻、新潟県、五島列島、九州南西岸、青森県八戸から土佐湾の太平洋沿岸、沖縄舟状海盆、小笠原諸島。〜パラオ海嶺、台湾南部、ベトナム、ジャワ島、ハワイ諸島、ギニア湾からアンゴラの東大西洋。関東では深場釣りでの外道のひとつで嫌われている。 ほとんど利用・・・
    タチモドキのページへ
  • テンジクタチ

    海水魚。大陸棚斜面上部の水深200m前後。 屋久島南部近海、奄美大島北部近海、沖縄島近海。宮崎県や東南アジアにも生息している模様。鹿児島県などから入荷してくる。大型が多く、築地などではタチウオの大型よりも高価に取引されてる。 味もタチウオと変わらず、非常に美味。単にタチウオとして売られているので、気がつかない人が多いが・・・
    テンジクタチのページへ
  • ユメタチモドキ

    海水魚。大陸棚縁辺・斜面、低層遊泳性。 新潟県青海、静岡県川奈、千葉県館山、長崎県五島列島。東シナ海大陸棚縁辺〜斜面。新潟県青海、韓国巨澄島、台湾東港、大西洋。長崎県など対馬海流の影響の強い場所で希にとれる。 味のいい魚であるが珍しい魚なので食用としての価値、歴史はわからない。一定の評価もない。
    ユメタチモドキのページへ