ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

メガイアワビ(英名/Disk abalone)

学名:Haliotis (Nordotis) gigantea Gmelin,1791

メガイアワビの形態写真

殻長20センチ前後になる。貝殻は赤味があり、螺肋が強く円形で丸みが強い。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★★

    一般的な水産物(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱古腹足目
    外国名
    英名/Disk abalone
    学名
    Haliotis (Nordotis) gigantea Gmelin,1791
    漢字・由来
    漢字 雌貝鮑。
    由来 クロアワビに対して女性的に見えるから。
    アワビの基本
    ■ 漢字で「鮑」、「蚫」、「魚扁に腹の右」、「石決明」、「阿波比」。
    ■ 「伊勢の白水郎(あま)の 朝魚夕菜に潜く(かずく)とふ 鮑の貝の片思ひにして」(万葉集)。巻き貝なのに二枚貝の片側だけに見えるので「磯の鮑の片思い」などと例えにいう。
    ■ 乾鮑に、ワタは塩辛に加工される。
    アワビの語源
    ■ 「アハヌミ(不合肉)」の意味。
    ■ 「アヒ(合間)」の転。
    ■ 「イハフ(石触)」の転。
    ■ 「イハハヒミ(石這身)」の義。
    ■ 肉の味が「アハアハシク」て、乾して種々の用途に用いられるためか。
    地方名・市場名
    ヒラガイ/徳島県阿南市椿泊
    メガイ/関東の市場
    ■ 「アオビ」、「アワビ」、「アカ」、「アカガイ」、「アカッケイ」、「オンナ」、「オンナアワビ」、「ヒラカイ(平貝)」、「ヒラガイ(平貝)」、「メン」、「メンカイ」、「メンガイ」。
    生息域
    海水生。千葉県銚子と秋田県男鹿半島以南に棲息。
    クロアワビよりも深い海にいて、またやや南方系である。
    アワビ類は主にもっとも浅い場所にクロアワビ、中間的な深さにメガイアワビが多く、15メートル以上の深さにマダカアワビが多い。
    生態
    産卵期は秋から冬。
    大型の褐藻類(海藻)などをエサにしている。
    基本情報
    主に西日本から入荷してくるアワビで、超高級なアワビ類のなかでは安い。
    各地で稚貝の放流や増殖などの努力がなされている。
    養殖も行われて、徐々に増えている模様。
    味の点でクロアワビに比べてやや劣るとされるが、食感さえ気にしなければ非常に味のいい貝。
    メガイアワビのことを「メガイ(雌貝)」、クロアワビを「オガイ(雄貝)」と呼ぶ。決して同種の雄雌ではない。
    メガイアワビの噴水孔噴水孔は肛門からの排泄物を出すためのものなので、付近に有機質を求めてキクスズメが付着している。
    水産基本情報
    市場での評価 国産アワビとして高値でとりひきされている。ただしクロアワビなどよりも安い。
    漁法 潜水漁
    産地
    選び方
    原則的に生きているもの。身に厚みがあり、触って反応がよいもの。
    味わい
    旬は夏
    産卵期前後以外は味がいい。
    生で食べても旨みがあるが、やや柔らかい。
    熱を通してもあまり硬くならない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    煮る、酒蒸し、刺身
    煮たり、蒸したりして美味。
    酒をたっぷりに、醤油のこく、味わいを加えて、ことこと煮る。
    煮上がったら、鍋止め(自然に煮汁の中で冷やす)する。
    酒蒸しは酒、水半々で蒸し煮にする。
    大きさによっても違ってくるが30分〜1時間蒸し煮して、そのまま一昼夜鍋で寝かせる。
    柔らかさのなかに鮑そのものの旨みが横溢している。
    刺身もなかなかうまい。
    メガイアワビ煮
    メガイアワビ煮
    メガイアワビの酒蒸し
    メガイアワビの酒蒸し
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    乾しアワビ「明鮑」の原料となる。乾しアワビは塩漬けし、煮て、乾したもの。中華料理に欠かせない高級食材。
    煮貝 山梨県甲府市などで作られている。古くは甲斐は山国で海産物を駿河(静岡県)に頼っていた。駿河の海産物を山越えで運ぶとき、塩漬けやしょうゆ漬け、干ものであったが、アワビはしょうゆにつけて馬の背にのせて運ばれる。この運ばれる間にしょうゆの味と馬の体温で味のよい煮貝が出来上がった。市内にある煮貝の老舗「みな与」の歴史には400年前となっているのだが、これでは年代が曖昧である。江戸期初期もしくは織豊時代ということだろうか。アワビはメガイアワビ、クロアワビ、マダカアワビが原材料である。
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    飲食店主の間ではクロアワビに対し2ランクも3ランクも評価が低い。しかしクロアワビのような食感さえ望まなければ生でも火を通しても旨い貝。値段の安さを考えると、とても魅力的な食材である。
    料理法としては酒と水を半々に入れた鍋で蒸し煮にするか、煮貝がいい。
    また殻のままバターでソテーするのも簡単で一番この貝の旨味を引き出せるかもしれない。
    我が家では煮貝にすることが多い。まず貝の汚れをきれいに掃除。酒、塩、醤油、水のなかで、鍋に蓋をして弱火でゆっくり時間をかけて煮る。それをそのまま翌日まで鍋止めして出来上がり。
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『標準原色図鑑全集 貝』(波部忠重、小菅貞男 保育社)、『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)、『水産加工品総覧』(三輪勝利 光琳)、『日本語源大辞典』(小学館)、『食の万葉集』(廣野卓 中公新書)
  • 主食材として「メガイアワビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ