ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

トコブシ(Tokobushi abalone)

学名:Haliotis diversicolor aquatilis Reeve,1846

トコブシの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
殻長7cm前後になる。貝殻に明瞭な筋状のもの(成長脈)がない「トコブシ型」。呼吸孔(貝殻にあいた穴)は実際に開いているのは5〜7。アワビのように煙突状にならない。[兵庫県淡路島産]孔は7-8個で煙突状に伸びない。フクトコブシと比べるとふくらみが弱い。成長脈が明瞭で強い「ナガラメ型」。[徳島県産]成長脈が明瞭で強い「ナガラメ型」。[徳島県産]非常に螺肋、成長脈の強い台湾産の「ナガラメ型」。台湾産は基本的にこの「ナガラメ型」である。国産ものには、しばしば貝殻上にキクスズメがついている。

トコブシの形態写真

殻長7cm前後になる。貝殻に明瞭な筋状のもの(成長脈)がない「トコブシ型」。呼吸孔(貝殻にあいた穴)は実際に開いているのは5〜7。アワビのように煙突状にならない。[兵庫県淡路島産]

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★

    知っていたら通人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱古腹足目ミミガイ科
    外国名
    Tokobushi abalone
    学名
    Haliotis diversicolor aquatilis Reeve,1846
    漢字・由来
    漢字 床伏、常節、常伏
    由来・語源 『目八譜』より。「床」は浅い場所のこと、「ふし」は小さいという意味合い。
    浅い場所にいていつまでたっても小さいアワビの意味で、常に石など窪みに「伏している(隠れている)、「常伏」の意味。
    地方名・市場名
    ナガレコ(流子)/徳島県をはじめ広い地域で。
    コブク/静岡県沼津市。
    セツムシ/愛媛県伊方町三机(聞き取り 上田、清水)
    センネンゴ/山口県下関・豊北。この貝が何年経っても大きくならないことから。
    コアワビ(小鮑)/アワビほど大きくならないため。
    いつまでも同じ大きさでいるために、センネン(千年)、センネンガイ(千年貝)
    アメアワビ、イソモン(磯物)、ウイズ、ウエジ、ウエズ、オイズ、オイズコ、クダメ、コナガイ、コナガネ、コブク、コブラゲイ、トーブシ、トーボーシ、トコブセ、トコボシ、トノフク、トシズクシ、ナガラメ(小さいもの)、ナガレメ、ネズコ、フクダメ、ブシガイ、ベコガイ、ホソリ。
    マンネンガイ(万年貝)、マンネンアワビ(万年鮑)。
    生息域
    海水生。北海道南部〜九州。台湾。
    潮間帯の岩礁域。
    生態
    クロアワビ、メガイアワビなどよりも浅い場所にいる。
    産卵期は夏から秋。
    放精、放卵し、海中で受精。
    トロコフォア、ベリジャー幼生期をへて二昼夜ほどで海底生活に入る。
    トコブシの噴水孔噴水孔は肛門からの排泄物を出すためのものなので、付近に有機質を求めてキクスズメが付着している。このキクスズメがついているものはまず間違いなく国産のもの。
    基本情報
    比較的浅い場所にいるアワビの仲間(ミミガイ科)。丸みがありふくらんでいるフクトコブシ型、貝殻が薄く成長脈が強いナガラメ型、トコブシ型の3型がある。
    古くは磯で手軽にとれていたもの。これが激減して現在では高級なものになってしまっている。
    本来はアワビなどとは違って磯遊び(浜下り)などに採取していたが、今はとてもこんなことはできない。
    徳島県などでは今でも浜下りに食べる風習があるが、それも重箱などにつめて磯にもっていくものとなっている。
    高価なものとなり、減少が著しいので種苗生産、放流が行われている。
    また近縁のフクトコブシなどを海外から輸入している。
    トコブシとアワビの違いアワビとの違い
    アワビのように煙突状にならない。
    水産基本情報
    市場での評価 活け、もしくは冷凍もので入荷してくる。量は少ない。関東などでは近場のものは非常に高価。
    漁法 採取、潜水
    主な産地
    選び方
    原則的に生きているもので触ってよく反応するもの。硬くしまっているもの。
    味わい
    旬は春〜初夏
    貝殻は薄く、硬い。生の状態では軟らかい。
    アワビのように熱を通しても硬くならない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    しゃぶしゃぶ、煮る(煮貝、酒蒸し、ワイン蒸し)、ソテー(ムニエル)、焼く
    調理法はトコブシ、フクトコブシは共通。
    トコブシの煮貝煮貝 酒、しょうゆ味であっさりと煮上げたもの。あまり火を通しすぎないのがコツ。貝らしい甘味があり軟らかくて食べやすい。酒と水半々に塩味で煮てもうまい。
    トコブシのワイン蒸しワイン蒸し 少量のオリーブオイル、白ワイン、塩で蒸し煮にしたもの。にんにく、ディルの香りをつけている。蒸し煮にあいた汁をからめて仕上げるが若い赤ワイン、白ワインに合う。
    トコブシのしゃぶしゃぶしゃぶしゃぶ 三重県紀伊長島市の料理民宿『美鈴』の名物料理「しゃぶしゃぶ」を再現したもの。魚醬(いしる)、酒、水で汁を作り、しゃぶしゃぶしながら食べる。口に入れた途端に溶けるそのうまさは筆舌に尽くしがたい。
    トコブシの炭火焼き焼きトコブシ 塩で汚れを磨き落として、炭火で焼きながら食べる。しょうゆを垂らしてもうまいが、このまま何もつけないほうがいい。またバターを垂らしてもうまい。
    トコブシのムニエルトコブシのムニエル トコブシを塩などで磨き、汚れを落とす。この足の部分に小麦粉をまぶしてバターでソテーする。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    煮貝
    流子 殻つきのトコブシの煮貝を缶詰にしたもの。[角田商店 徳島県海部郡美波町]
    貝付流子味付 室戸・阿南国定公園内でとれたトコブシをしょうゆ、砂糖、みりんで煮たものを缶詰にしたもの。[角田商店 徳島県海部郡美波町]
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/沼津市菊地利雄
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『たべもの語源辞典』(清水桂一編 東京堂出版)、『水産無脊椎動物Ⅱ 有用・有害種各論』(奥谷喬 恒星社厚生閣)、『商用魚介名ハンドブック』(日本水産物貿易協会編 成山堂)、『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)、『貝』(波部忠重、奥谷喬司 学習研究社)、『エビの栄養・イカの味 貝の生態』(奥谷喬司、鈴木たね子 アボック社)
  • 主食材として「トコブシ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ