ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

フクトコブシ(Tokobushi-abalone)

学名:Haliotis diversicolor diversicolor Reeve,1846

代表的な呼び名トコブシ

フクトコブシの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
殻長7cm前後になる。トコブシよりもふくらみ上から見ると正円形に近い。呼吸孔(貝殻にあいた穴)は実際に開いているのは5〜7。アワビのように煙突状にならない。[高知県産]非常にふくらみが強い。[高知県産]非常にふくらみが強い。[高知県産]成長脈が強いタイプ。[高知県産]ほとんど正円でふくらみの強いもの。[鹿児島県産]

フクトコブシの形態写真

殻長7cm前後になる。トコブシよりもふくらみ上から見ると正円形に近い。呼吸孔(貝殻にあいた穴)は実際に開いているのは5〜7。アワビのように煙突状にならない。[高知県産]

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱古腹足目ミミガイ科Haliotis属
    外国名
    Tokobushi-abalone
    学名
    Haliotis diversicolor diversicolor Reeve,1846
    漢字・由来
    漢字 福床伏、福常節
    由来・語源 床伏よりも丸みがあり、福々しいことから。
    トコブシは
    「床」は浅い場所のこと、「ふし」は小さいという意味合い。
    浅い場所にいていつまでたっても小さいアワビの意味で、常に石など窪みに「伏している(隠れている)、「常伏」の意味。
    地方名・市場名
    アナゴ、アブキ、ウマンニャ、コナガレ、トコブシ、ナラガラメ、ヌヅリ。
    生息域
    海水生。潮間帯の岩礁域。
    九州南部、八丈島以南の熱帯インド・西太平洋域。
    生態
    産卵は秋。
    基本情報
    トコブシの南方型。
    伊豆諸島などでとれるもので、養殖も試みられている。
    また鹿児島県などでもこのフクトコブシ型が多い。
    水産基本情報
    市場での評価 伊豆諸島、台湾などから入荷してくる。非常に高い。
    漁法 養殖、採取
    産地 東京都、鹿児島県
    選び方
    原則的に生きているもの。触って盛んに反応するもの。身に膨らみのあるもの。
    味わい
    旬は春〜初夏。
    貝殻は薄いが硬い。軟体部(足)は大きい。熱を通しても生でも硬くない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    煮る(酒蒸し、ワイン蒸し、しょうゆ煮、しゃぶしゃぶ)、ソテー(ムニエル)、焼く、生食(刺身)
    注/調理法はトコブシ、フクトコブシは共通。
    フクトコブシの白ワイン蒸し酒蒸し ワインで蒸し上げたもの。ディルなどのハーブ類で香りづけしている。白ワインや若い赤ワインに合う。
    フクトコブシの酒蒸し酒蒸し フクトコブシをたわしなどで水洗いして、酒と水、塩で蒸し煮にしたもの。軟らかくトコブシの甘味が際立つ。
    刺身 生で食べられなくはない。ただしアワビ類のような心地よい食感は感じられない。ワタはゆでて添えて欲しい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『商用魚介名ハンドブック』(日本水産物貿易協会編 成山堂)、『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)、『歳時記語源辞典』(橋本文三郎 文芸社)
  • 主食材として「フクトコブシ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ