ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

クロザコエビ

学名:Argis lar (Owen, 1839)

クロザコエビの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
側面から。体長12センチを超える。全体に肌色で、背中から尾にかけて三本の横縞文様がある。雌(上)が大きく、雄(下)が小さい。上から。体長12センチを超える。全体に肌色で、背中から尾にかけて三本の横縞文様がある。雌(上)が大きく、雄(下)が小さい。

クロザコエビの形態写真

側面から。体長12センチを超える。全体に肌色で、背中から尾にかけて三本の横縞文様がある。雌(上)が大きく、雄(下)が小さい。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    節足動物門甲殻亜門軟甲綱(エビ綱)真軟甲亜綱エビ上目十脚目抱卵亜目コエビ下目エビジャコ上科エビジャコ科クロザコエビ属
    外国名
    学名
    Argis lar (Owen, 1839)
    漢字・由来
    漢字 黒雑魚蝦
    由来・語源 黒い雑魚(ざったな、お金にならない)蝦という意味合い。
    地方名・市場名
    ガサエビ/秋田県にかほ市象潟、山形県酒田市・鶴岡市
    ツチエビ(土えび)/京都府舞鶴市舞鶴魚市場
    モサエビ、ホンモサ/鳥取県
    他にはドロエビ、ガラエビ、ガサエビ。
    生息域
    日本海、オホーツク海、ベーリング海。
    水深300メートルから1000メートル。
    生態
    基本情報
    エビジャコの仲間は小型が多いのだが、クロザコエビはその中にあってもっとも大型種。
    日本海特産のエビで、底曳き網などでときにまとまってとれる。
    多くが産地周辺で消費されているが、非常に味がよく、産地周辺では名物となっているところが多い。
    また日本海側ではすしネタとしても重要。
    水産基本情報
    市場での評価・取り扱われ方 どちらかというと地方的な味覚。関東などへの入荷は少ない。値段はやや高い。
    選び方
    赤味の強いもの。黒く変色しているものは古い。
    味わい
    旬は底曳き網の漁期と同じで秋から春
    殻はあまり硬くなく剥きやすい。やや水分が多いものの、ホッコクアカエビ(甘えび)ほどではない。
    熱を通すとやせる。
    料理の方向性
    水揚げして時間が経つと頭部が黒ずむのが早いが、身の鮮度には影響がない。取れたての生食は非常に美味しい。頭部のみそも同様。産地では天ぷらや塩焼き、汁などにするがこれも実にいい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法
    生食(刺身)、焼く(塩焼き)、汁(みそ汁)、揚げる(天ぷら)、煮る(塩ゆで)
    塩焼き ホッコクアカエビほど水分が多くないので焼いてもうまい。とても甘味が強く、身がほろほろとして柔らかく焼き上がる。
    クロザコエビの刺身刺身 産地では頭部も利用できるが消費地では黒ずんで利用できないことが多いのが残念。頭部や焼いて添えるといいかも。甘味が強く、ほどよい食感で味がいい。
    クロザコエビのみそ汁みそ汁 水洗いした丸のままを鍋に入れて、水から煮出してみそを溶いただけで出来上がり。濃厚なうま味が出て、汁も身もとても味わい深い。
    クロザコエビの天ぷら天ぷら 歩留まりが悪いのが残念な点ではあるが、天ぷらは絶品。頭部の素揚げと一緒に盛り合わせると豪華である。
    クロザコエビの塩ゆで塩ゆで 水洗いしたものを塩ゆでにしたもの。熱いうちに殻を剥きながら食べるのがいちばんうまい。
    好んで食べる地域・名物料理
    本州日本海各地。
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/駒井智幸(千葉県立中央博物館)
    参考/『原色日本大型甲殻類図鑑』(三宅貞祥 保育社)、『甲殻類学』(朝倉彰編著 東海大学出版局)、『日本のエビ・世界のエビ』(東京水産大学第9回公開講座編集委員会扁 成山堂書店)
  • 主食材として「クロザコエビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ