ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

アムールエビジャコ

学名:Crangon amurensis Brashnikov,1907

アムールエビジャコの形態写真

体長4センチ前後になる。体はやや縦扁し生きているときは透明。体に細かい褐色の斑紋がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    節足動物門甲殻亜門軟甲綱(エビ綱)真軟甲亜綱エビ上目十脚目抱卵亜目コエビ下目エビジャコ上科エビジャコ科エビジャコ属
    外国名
    学名
    Crangon amurensis Brashnikov,1907
    漢字・由来
    漢字 アムール蝦雑魚
    地方名・市場名
    厚岸ではスナエビ(砂蝦)。
    生息域
    海水生。北海道沿岸(オホーツク海沿岸や道東沿岸では特に多くみられる)、サハリン、ロシア沿海州の東アジア冷水域に棲息。潮間帯から27 mまでのアマモ場
    生態
    基本情報
    北海道を中心に流通している模様で、関東には道東から入荷してくる。
    主に唐揚げ用として売られており、利用法などは一般的ではない。
    水産基本情報
    市場での評価 春に入荷してくる。安い。
    漁法 底引き網
    産地 北海道
    選び方
    味わい
    旬は春。
    殻は柔らかく、小さいのでそのまま利用する。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 素揚げ、唐揚げ
    唐揚げ◆やや殻が気になるが、香ばしくて美味。

    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    駒井智幸 千葉県立中央博物館
  • 主食材として「アムールエビジャコ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ